子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

クズの本懐

「報われない恋、切ない恋、片思い、それってそんなに美しい物ですか」

 

本屋で、平積みされているマンガ

クズの本懐」・・・

気になる、すごく気になる・・・

どうしようかな・・・

 

と、本屋に行くたび

気になりつつ

なかなか、買う!!の決心がつかずw

 

でも、こんなに表紙だけで

気になるなんて

と、ある日、単行本を手にとった。

 

それが、「クズの本懐」との出会いだった。

 

花火と麦は、理想的な恋人同士。

の、フリをしている。

 

花火は、幼なじみのお兄ちゃんに

恋をしていて

麦は、家庭教師だった茜に

片想いしている。

 

お兄ちゃんも、茜も

現在、2人の高校の教師同士。

 

1巻を、読んで

ヤバい!!

このマンガ、めちゃ、おもしろい!!

花火が、どうやって

お兄ちゃんを振り向かせるのか

気になる!!

ガンバレ!!花火!!

て、キモチになる。

 

花火が、お兄ちゃんとの

過去を思い出すたびに

ずっと、お兄ちゃんしか見てないのが

わかるし、すごく、一途。

 

お兄ちゃんは、まぁ、フツーの人。

めちゃ、鈍感だけど。

 

そんな感じで

単行本を集めだし

 

それまで、清楚なフツーの人だと

思ってた茜が、一番の闇と曲者だと

知った時の衝撃!!!!

それを、知っていて

片想いしてる麦って・・・

 

お兄ちゃんが、茜の毒牙に!!!!

なんとか、花火と、くっついてほしい!!!!

 

でも、花火自身、お兄ちゃんを

失いたくなくて

「妹」的ポジションを壊そうとしない・・・

もっと、行動すると思ったし

お兄ちゃんに対して、行動しない、できない

花火に、ちょっと、はがゆく感じたり・・・

 

花火が、危うい感じになっていくのも

ハラハラして読んでた・・・

 

花火の親友・えっちゃんが

実は、ずっと、花火のことが好きで

片想いをしていて

えっちゃんの切ない恋を知る。

花火は、友達の一線を超えてしまう・・・

 

麦の幼なじみ・モカ

麦に片想いをしている。

モカは、麦に対して

夢見がちな恋って感じで

現実味のある片想いには

感じなかったな。

 

結局、花火も、えっちゃんも、モカ

傷ついていく・・・

 

えっちゃんの従兄弟で

えっちゃんに片想いしてる男性も出現し

 

茜は、茜で、今まで、つき合ったことのない

タイプのお兄ちゃんに対して、苛立ちを覚えたり。

お兄ちゃんをターゲットにした理由も

キッカケは「花火」だったし・・・

 

自分大好きな茜は、それまで、他人を

好きになったことがないんだと思う。

 

そんな大好きな作品が、アニメ化する!!

しかも、EDは、大好きな、さユりが歌う!!

と、すごく、期待した。

期待して、アニメを見た。

 

アニメを見た感想は・・・

あ、アニメにすると、こんな

薄っぺらい感じになっちゃうのか・・・

あの、どうしようもない花火の心情も

えっちゃんの切なさも

まったく、胸にこなかった・・・

EDの、よく、わからない映像にも

ガッカリした・・・

 

マンガの方では

お兄ちゃんが、亡くなった母親のイメージを

ずっと、追っていたこと。

それが、ちょうど、茜に重なったこと。

茜が、どんな人間かを知っても

茜へのキモチは、変わらない。

 

お兄ちゃんが、茜への揺らぎないキモチは

何度、読み返しても、わからない。

お兄ちゃんは、ほんとに、茜自身を好きなの?

いまいち、お兄ちゃんのココロが

つかめなくて、わからない。

 

読者には、ただ、母親のイメージを

茜に見ただけじゃん。

それって、茜じゃなくてもいいんじゃないの?

茜じゃなきゃダメな描写がない。

最終巻を読み終わり

 

お兄ちゃんのキモチだけ理解できない!

 

えっちゃんも、モカ

それぞれ、自分なりの成長をし

素敵になっていく。

 

花火と、麦は、どうするのかな・・・

 

花火が、お兄ちゃんを振り向かせるための

片想いストーリーだと思ってた。

 

でも

 

これは、それぞれのキャラの成長ストーリー

だったのか・・・

 

恋愛を通じて

つらく、苦しい思いを経験して

乗り越えて、成長していくストーリー。

 

この作品で、横槍メンゴを知ったんだけど

ペンネームが、なんか、すごい名前だw

 

ちょっと、えっちだけど

横槍メンゴの絵柄にも、夢中になった。

 

マンガは、全8巻に番外編1巻の計9巻。 

クズの本懐 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

クズの本懐 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: Blu-ray
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。