子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲームを語るブログです。

幽遊白書

幽遊白書」のマンガ家・冨樫は

「てんで性悪キューピット」の頃から

好きな絵だった。

 

「幽白」が、始まって

あ、あの「てんで性悪キューピット」の

マンガ家の連載作品だー!

と、読み始めたのがキッカケ。

 

主人公・浦飯幽助は、中学では

ケンカばかりする一匹狼な不良。

そんな、幽助が車にひかれそうになる子供を

助けて事故死してしまう。

幽助の死を悲しむ母親、幼なじみの螢子。

そして、幽助のライバルの桑原。

 

霊界では、幽助の死は予想外で

生き返るための試練を受け

霊界案内人・ぼたんと共に霊体として

事件を解決していく。

 

生き返ってからも、幽助は、ぼたんと共に

霊界探偵として活動する。

霊感が強い桑原や、敵だった妖怪の蔵馬、飛影と

仲間になる。

 

霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編と

いくつかの話に分かれてるんだけど

 

「幽白」は、最初、霊界探偵編が

一番よかった!!

て、人が、結構いて、私も、そう思ってたwww

 

正直、暗黒武術会とか、戸愚呂兄弟とか

まったく!!

興味なかったー!!

戸愚呂兄弟、キモいだけだったし・・・

 

でも、よかった点は

妖狐蔵馬が見れたことかなぁーwww

 

それまで、飛影が、一番好きって

思ってたけどw

妖狐蔵馬見たら、一気に、蔵馬好きに

変わったwww

 

で、マンガもアニメも、同時に

見てたんだけど

 

私が、「幽白」で

一番、おもしろいと思ったのは

「魔界の扉編」ですw

 

「幽白」の単行本、集めてなかったけど

「魔界の扉編」の単行本を1冊だけ

買いましたwww

 

能力者と呼ばれる人間たちの

ゲーム感覚の頭脳戦や

テリトリーと呼ばれる領域など

もう、読んでて

めっちゃ、おもしろい!!!!

 

そして、仙水と樹のカンケーも好きだったなw

 

樹が、マンガでは

 

「キャベツ畑やコウノトリを信じてる

可愛い女のコに無修正のポルノを

つきつける時を想像する様な

下卑た快感さ」

 

え!!

これ、アニメじゃ放送できないよね?

アニメ、ここのセリフどーすんのかな?

と、思ってたwww

 

個人的には、原作のセリフは

どれも好きですwww

 

アニメでは

 

「誰も踏んでいない、真っ白な雪を

汚したくなる」

 

みたいな、雪って表現にされてたのを

覚えてるw

 

仙水は、7人の人格をもつ多重人格とか

まぁ、中二病には

もう、絶対!!

「魔界の扉編」は、好きでしょう!!

て、感じなんだけどwww

 

「魔界統一トーナメント編」は

正直、黄泉と蔵馬の昔からの因縁や

飛影とのカンケーが好きだったな。

それくらい、かなw

 

「幽白」は、アニメイト

下敷きや、いろんなグッズを買った思い出www

 

「幽白」を、ずっと歌っていた

馬渡松子の歌が、どうも、私は好きになれず・・・

OPもEDも、何だか残念だったんだよね・・・

そこに、突然!

高橋ひろの「アンバランスなKissをして」や

「太陽がまた輝くとき」で

一気に、「幽白」へのテンションが

あがったのは、言うまでもないwww

もう、そりゃあ、どっちもシングル買いますよwww

 

3番目のEDにして

初幽白シングルを買いましたwww

 

今でも、カラオケで歌うくらい

好きですwww

 

「幽白」は、映画も観に行ったなー

 

同人誌を出したいと思ったくらい

「幽白」は、好きだったw

 

同人誌は、ちょっとだけ

描いたんだけどw

そのまま、描かずにお蔵入りしてしまったw

 

同人誌の内容は、蔵馬の話でしたw

 

マンガの絵は、やっぱり

今、見ても、好きな絵柄だなー

 

最初は、女の子が可愛い!

だったけど

「幽白」では、ちょっと病んだ?

ちょっと、リアルっぽい目線とか

ぞくぞくしちゃうなーwww

 

完全リアルな絵じゃなくて

マンガ的なんだけど、ちょっとだけ

リアル感があるアンバランスさが魅力。

 

なんか、機会があったら

単行本、全巻、揃えたいけど

置く場所がなぁー

でも、絶対、今、読んでも

おもしろいと思うんだよねー

 

「魔界の扉編」だけでも

買おうかなーwww

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。