子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

かくしごと

10歳の娘・姫と、マンガ家であることを隠す

父・可久士と、平和なふたり暮らしをしていた。

 

姫を溺愛する可久士が、いろんな女性たちに

誤解されながらも、ギャグありw

姫に、マンガ家であることを隠し続けるのも

ギャグだけどwww

 

姫との暮らしに、ほっこりしたり。

 

18歳の姫が、父の隠しごとを知るシーンが

ところどころに、描かれていて

 

え?

可久士、死んでるの・・・?

 

しかも、今は、もうマンガを描いてないって・・・?

 

と、謎が、ちらほらと散りばめられている。

 

それが、あの最終回で

 

姫が

 

「18歳になったよ」

 

の、セリフで、もう涙が出そう・・・

 

姫は、父の描く仕事を知って

秘密で、マンガを描いてた。

 

少女マンガだったけどねwww

 

哀しい最終回じゃなくて、よかったな。

 

もともと、久留米康治のマンガは好きで

かってに改蔵」の頃から好きだったから

今回の「かくしごと」は、意外だったけど

好きな感じだった。

 

アニメは、OPもEDも、どこか

懐かしさを感じる作風と音楽がよかった!!

 

特に、EDの大滝詠一の「君は天然色」は

すごく、合ってた!!

思わず、CD買ったwww 

かくしごと Blu-ray 1

かくしごと Blu-ray 1

  • 発売日: 2020/06/26
  • メディア: Blu-ray
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。