子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲームを語るブログです。

からくりサーカス

当時、サンデーで「うしおととら」が

最終回を迎え、うしとらで知った藤田和日郎

新作として「からくりサーカス」を知ったけど

うしとら人気が高く、まだ始まったばかりの

からくりは、そんなに話題にはなってなかった。

 

それから、数年後

うしとらより、からくりが好き勢を見かけ

へぇ、うしとら派、からくり派に

分かれてるんだぁーと思った。

 

そして、アニメ化!!

 

最初は、顔も知らない父の遺産を手にしてしまった

小学生・勝と、遺産をめぐって命を狙われるのを守る

しろがねと鳴海の物語かな?

程度に思ってたw

 

でも、勝の養祖父の過去編と

もっと、遡った過去からの長い長い因縁から

現在に続いている、壮大な物語だと知り

ぐいぐいと物語に惹き込まれ

これ、どういう終末を迎えるの???

 

ほんとに、たったひとつの歯車から

人生が狂ってしまった物語・・・

 

フランシーヌを好きになった時から

アンジェリーナ、エレオノール(しろがね)と

たったひとりの女性を、ただ、ひたすら

執着する黒幕のフェイスレス・・・

 

フランシーヌ人形を笑わせるために作られた

自動人形など

ほんとに、様々な人間模様や自動人形たちの運命が

描かれる・・・

 

アニメは、全36話と、かなり長いけど

最終回へ向かうほどに、目が離せなくなる。

 

しろがねと両想いになった鳴海が

しろがねを敵対視していたり・・・

ゾナハ病で苦しむ人々を助ける役目など。

 

アンジェリーナを母と慕うようになるギイが

エレオノール(しろがね)の幸せを願いながら

亡きアンジェリーナのところへ逝くシーンは

やっぱり、ギイは、ずっとアンジェリーナを

母として慕いながら生きてきたんだな・・・

 

最古の4人と呼ばれる自動人形たちのうち

残った3人が

ほんとに、献身的にフランシーヌ人形に似ている

しろがねに忠実で・・・

もともと、フランシーヌ人形を笑わせるために

作られた自動人形だからだけど

しろがねが、鳴海と結ばれるシーンで

しろがねのココロからの笑顔に

パンタローネアルレッキーノ

初めて見る笑顔に安心して壊れてしまうところには

自動人形のさだめというか、人形としての

悲哀を感じて、すごく、切なかった・・・

 

勝の味方をするコロンビーヌは

「人間の男性に抱きしめてもらう」ことを夢見て

勝たちを守り、ボロボロになったカラダで

勝と、もっと話したかったな・・・

と、独り言を言うシーンと

そこへ、勝が駆けつけて

コロンビーヌを抱きしめるシーンでは

もう、涙腺崩壊した・・・

めちゃくちゃ、泣いた・・・

もし、コロンビーヌが人形でなく

人間の女の子だったら

勝の友達になってたかもしれない・・・

 

そして、終盤

何度となく、勝への問いかけ

 

「エレオノール(しろがね)のことが好きなんでしょ?」

 

勝は、毎回、否定するけど

 

フェイスレスの問いかけに

やっと、自分のキモチを認める。

 

フェイスレスは、ほんとに、めちゃくちゃな悪党だし

許せない敵なのに

勝が、まっすぐに向き合って

自分のキモチを認めた時

 

「でも、最初に好きになったのは鳴海兄ちゃんだから!!」

 

と・・・

それは、いつかのフェイスレス

最初に、フランシーヌを好きになったのは自分なのに

兄が結婚してしまった過去を呼び起こす言葉だった。

 

それでも、フェイスレスは奪えばいいと言う。

奪われた側だったはずのフェイスレス

奪えばいいとか・・・

 

勝は

 

「しろがねも鳴海兄ちゃんのことが好きだから。

しろがねのキモチが一番、大事でしょ?」

 

と、言うんだよね・・・

 

それまで、フェイスレスからゾナハ病の治し方を

聞き出したら、倒すだろうと思ってたのに

 

勝は、フェイスレスの頑なだったココロまで

受け入れてとかしてしまう包容力をもつ

少年へと成長していたんだよね・・・

 

もう、ほんとに

この作品は、最終的には、みんな

いい人になって終わる・・・

 

それが、もう、ほんとに

見てよかった・・・

 

と、思わせる。

 

この作品が、私が10代の頃に連載していて

今、アニメ化されても

なお、古臭さを感じない。

そこに、ただ、ただ、驚いてしまう。

 

すごい、作品だったんだな・・・

と、思った。

 

これは、うしとら派と、からくり派と

分かれるわけだwww

どっちも好き派も、もちろん、いると思うwww

 

最近のアニメにしては、長いアニメを

完走してみて

 

こんな素晴らしい作品を見せてもらって

ありがとうございます!!

よかった!!

 

と、いう晴れやかなキモチになった。

 

そして、この作品を知っていて

この作品のために曲を作った

BUMPの「月虹」が、ほんとに

からくりサーカス」の世界観をわかっていて

一番、合っている歌だったな。 

からくりサーカス Blu-ray BOX vol.1

からくりサーカス Blu-ray BOX vol.1

  • 発売日: 2019/06/19
  • メディア: Blu-ray
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。