子供たちは夜の住人

アニメやマンガや音楽を語るブログです。

SLAM DUNK

少年ジャンプで「スラムダンク」が

連載していたのは知っていた。

 

ただ、バスケ興味ないし、絵柄も好きじゃないし・・・

と、飛ばして読んでたと思う。

 

ある日、私の机の横に

スラムダンク」の単行本が、どんと置かれていた。

今度、この作品の商品を作ることになったから

きちんと読んでと言われて

 

えーーーーーーーーーー!!!!

と、渋々、読み始めたのがキッカケ。

 

スラダンは、最初、不良の花道が

晴子さんに一目惚れして振り向かせたいために

バスケを始めるんだけど

まったく恋愛要素ないんだよね・・・

 

私は、少年マンガでも恋愛が絡んでる方が

好きだったし

 

花道好きじゃないし・・・

おもしろいけどw

流川好きじゃないし・・・

なんでモテてるの???

ゴリ論外だしwww

小暮さんメガネくんだし←

 

と、推しキャラもいなかったのも

大きかったw

 

花道が、超初心者だけど急激な成長をするところは

私まで

 

「左手は、そえるだけ・・・」

 

と、バスケやらないのに勉強になったりwww

 

リョータとミッチーが登場して

ミッチーは、怪我が原因で不良になってしまうんだけど

安西先生との再会で

 

「バスケがしたいです・・・」

 

は、かなり名言になったよねw

 

振り返ってみると

私は、かなりミッチーのセリフに魂を震わせられたな。

 

ミッチーが、バスケに復活して

3Pシュートをバンバン決めるところばかりではなく

体力の限界で倒れてしまった時に

 

「なぜ、オレはあんなムダな時間を・・・」

 

と、バスケから離れて不良になった過去を後悔するシーンが

それって、きっと、バスケだけじゃなく

どんなシーンでも誰もが思うはずのセリフだと思った。

 

友達も、仕事でスラダンの商品にふれ

スラダンにハマったwww

 

私と、友達が、スラダンに狂ったのは

翔陽の藤真の存在wwwww

彼は、フツーに綺麗な顔立ちですよwww

 

それまで、流川、仙道には、まったく

見向きもしなかったんだけどw

藤真登場で、狂ったねwww

 

友達は、腐女子だったから

スラダンのカップリングの話も、よくしたw

 

まぁ、一番多かったのは

ミッチー✕リョータだったな。

 

私は、もともと腐女子?ではなかったから?

友達から、スラダンの同人誌を描こうと言われて

しかも、BL限定され・・・

 

BL描いたことなくて・・・

めちゃくちゃ苦戦したwww

 

藤真推しだったから、藤真は描きたいw

じゃあ、相手は・・・花形はイヤだwww

藤真に、めちゃくちゃ詳しいライバルの海南の牧は

おっさん顔だけどw

藤真✕牧だね!!

と、めちゃくちゃマイナーな・・・

ほとんどないカップリングで外しまくるという失態・・・www

 

単行本を読んでいくと、ほんとに

どんどん夢中になっていったし

花道が、ほんとにバスケが好きになっていくように

私も、スラダンを好きになっていった。

 

花道のチームだけでなく

他校のチームのバスケや大会への思い、背景があり

それも、また、ぐいぐいと夢中にさせた。

 

花道軍団も、何気に私は好きだったw

 

あんなに好きじゃなかった絵柄が

ほんとは、めちゃくちゃ描きこまれた絵柄だと

知ることになる。

この画力を落とさず毎週、描いてるんだ・・・

と、思ったら

なんて、すごいマンガ家だろう・・・

 

アニメ化もされ、アニメも見てたけど

まぁ、アニメあるあるで

マンガのあの絵を、そのまま、そっくりにって

わけにもいかず・・・

マンガより劣るものの、かなりガンバって

動かしていたと思う。

 

私が、スラダンアニメで一番好きな歌は

大黒摩季の「あなただけ見つめてる」だった。

もう、めちゃくちゃカラオケで歌ったwww

でも、あれってスラダンに、まったくカンケーない歌詞www

バスケアニメの主題歌なのに

 

「サッカーも好きになったわ」

 

とか、歌ってるからねwww

でも、好きだったwww

 

スラダンは、花道が3年生になって卒業するまで

連載すると思ってた。

でも、インターハイ

ゴリと小暮さんが引退して、リョータが新キャプテンになって

花道が怪我で海の近くの病院でリハビリしてるシーンで

第一部完!!!!

 

うわっ!!

まぢか!!!!

続き気になるじゃん!!

いつ、第二部やるのかな?

と、待った。

ずーっと待ったwww

ずーーーーーっと待ったwww

 

「あれから10日後」が、スラダンの終わりになったのかな?

もう、第二部はないんだな・・・

 

続きが読みたいって、すごく思ったけど

今は、あの一瞬、一瞬が、花道たちの青春だったんだ・・・

青春は、ずっとは続かない・・・

あそこで、終わってよかったんだ、と思える。

 

今でも、ずっと名作として語り継がれる作品になってる。

単行本や愛蔵版持ってる人は、きっと

何度も、何度も読み返すと思う。

私も、マンガ持ってたら、人生のいろんな時に

読みたいと思うもん。 

SLAM DUNK 完全版 1 (ジャンプコミックス デラックス)

SLAM DUNK 完全版 1 (ジャンプコミックス デラックス)

  • 作者:井上 雄彦
  • 発売日: 2001/03/19
  • メディア: コミック
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。