子供たちは夜の住人

アニメやマンガや音楽を語るブログです。

王立宇宙軍オネアミスの翼

いつ見たのかな?

エヴァの後だったのか?前だったのか?

ガイナックス作品の映画だと知らずに見たのか?

 

深夜に、アニメ映画が、かなりやっていた時期に

録画して見たアニメだった。

 

ストーリーは、めっちゃ簡単に説明すると

宇宙軍と呼ばれる軍人さんたちが

おじいちゃんたち、若い人たち

みんなが、とにかく有人ロケットを飛ばそうと

必死になってる。

そして、その有人ロケットに乗るのが主人公であるシロツグ。

声が森本レオでかなり渋いw

そもそも、シロツグが、その有人ロケットに乗ろうと

思ったのが、宗教の布教活動をしている少女リイクニに

良いところを見せたいだけっていうねw

その有人ロケットを飛ばすぞって時に

いろいろと妨害がある中

打ち上げが成功し、無事、宇宙に出たシロツグが

地上の人々に向けた放送で語りかける。

 

かなり大人向きなアニメ。

 

めっちゃ簡単に書いたけど

映画だから、めっちゃ長いwww

途中、ちょいエロがあるくらいで

んー・・・

どこから、おもしろくなるのかな?

と、ただ、ひたすら森本レオの声を聞かされるwww

多分、誰にも感情移入ができないのも原因なのかも。

登場人物で、ほぼ女性が出てこないし

唯一の女性キャラのリイクニも共感できない。

渋いなー・・・

 

映像は綺麗だったと思う。

音楽も、すごく良かった。

 

ほんと、最後の最後

シロツグが宇宙に出たシーンから

地上へのメッセージを語るところで

なんだか、すごいアニメを見たな・・・

この感動のためのアニメだったんだな。

 

思い出すのは、よくわからない渋いアニメだけど

感動するアニメだったよってこと。

 

それまで、全然、真面目じゃなかったシロツグが

最後では、めっちゃ真面目な祈りを捧げるんだよね。

 

それから、地上の歴史、人々の暮らし、動物たちの

映像が流れて

エンディングへ流れて行く。

 

その感動の余韻のままエンディングを迎えるの

よかったなぁって。

エンディングも歌はなくて曲のみなのもよかった。

余計な言葉がない。

 

きっとね、もっと映像や作画やアニメ的なことに

詳しい人が見たら、このアニメの技術力とか

めっちゃ語るんだろうけど

当時の私は、そこまで詳しくなかったから

素人目線でしか言えないんだけどねw

 

今、見たら

アオイホノオ」のおかげで

知ってる名前が多いだろうしw

キャラデザが、貞本義行さんなのかぁ!!

とか思うんだろうなw

 

音楽すごかったなって思ったら

坂本龍一で、そりゃすごいわw

と、思ったwww

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。