子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

ホリミヤ

学校では、派手で目立つ存在の堀京子と

根暗で目立たない宮村伊澄が

お互いの秘密を知り距離が近づき惹かれるアニメ。

 

絵柄は、いまどきの絵柄だけど

舞台設定が、古いな?と思った。

 

わざと、舞台設定を古くしてる作品もあるけど

これは、実は原作が、かなり古いのでは???

と、思ったら、やっぱり、そーだったwww

 

ガラケーあるあるの描写や百合の女の子の扱いが

古く感じたからだ。

 

今じゃ、百合やBLなんてあたりまえだし

めずらしいことじゃない。

そのあたりまえが、あたりまえに描かれてないことで

描かれた時代を感じた。

 

宮村と石川が仲良くしてるところを

ホモ?みたいに、からかうの昔あるあるだよね・・・

 

基本、宮村視点でアニメは展開していったと思う。

過去の中学時代の自分に今の自分が語りかけるシーンとか。

 

宮村が、どんな経緯で病んでしまったのか?

衝動的にピアスやタトゥーまで行ってしまったのか?

まったく、わからないけど

中学で、進藤という友達ができたのに

高校で、堀と知り合うまで、また病んでしまうの謎。

 

宮村って、基本、「王子様を待つお姫様」で

自分から動かないんだよね。

誰かが自分に気づいてくれて話しかけてくれるのを

待ってるの、ちょっとイライラするwww

 

堀と出会って世界が変わったなんて

進藤に失礼だし・・・

 

昔の恋愛マンガあるあるの

「あなたと出会って世界が変わった!!」系

なんだろうな・・・

 

あと、堀がモテる設定も謎www

石川が堀に片想いしててフラれるけど

堀って、そんなにいいか???

性格いいとは思えないけど。

 

石川モテ期の時は、吉川も、河野のキモチも

わかるから、どっちがフラれてもイヤだな・・・

と、思った。

どっち目線も描いてるの丁寧だったけどね。

 

仙石とレミカップルの馴れ初めのストーリーは

結構、好きだな。

レミ視点からの馴れ初めで

それまで、レミってキャラが好きではなかったけど

結構、普通の子だったんだなって。

 

堀の父親が、宮村を気に入って

めっちゃ、かまったり息子って呼んだり

まぁ、ちょっと堀の父親変わってるからなw

 

堀の弟・創太が宮村に懐いてたのに

堀と宮村がつき合ってから

お姉ちゃんを取らないでってなるの

創太が、成長していってるってこと?

あんなに懐いてたのに取らないでってあたりは

ちょっと唐突に感じたw

 

アニメは全13話だけど、丁寧に

各キャラを描いていたと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。