子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

蟲師

私が、ちょうど「アフタヌーン」を買うのを

やめた後に連載されたマンガ。

 

アニメで知って、原作が「アフタヌーン」だと知り

とても「アフタヌーン」らしい作品だと思った。

もちろん、いい意味で。

 

蟲師」として旅をしているギンコが

様々な「蟲」と「人」を通じて不思議な体験を描いていく。

 

とてもシンプルで、舞台も古い日本のような感じで

淡々と物語が進んでいくのが情緒があり良かった。

静かで音楽も曲のみだったりで世界観をきちんと出していた。

それが逆にコワかったりもした。

 

「蟲」によって人生が変わってしまう人たちが

多く描かれていて、ギンコもそのひとりだけど

決して「蟲」=「悪」ではないんだよね。

 

ギンコは、「蟲師」をしながら

「蟲」との共存を望んでいる。

 

どこか昔話風な作りでもあり

昔、日本であった話と言われても信じてしまいそうなほど

話にリアルさがある。

 

アフタヌーン」はマニアックな作品が多いけど

隠れた名作が、ほんとに多いから

この「蟲師」もアニメ化されて賞を取るなど

きちんと評価されたのは、うれしかった。

 

とても良い原作なのに

アニメでめちゃくちゃになるケースがある中

この「蟲師」は、原作に忠実にアニメが作られていて

原作マンガを読んでみたい、買いたいと思わせる

アニメスタッフの本気さを感じられた。

 

実写化もされたけど、基本、私は

マンガを実写化するのはキライなので

見てないです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。