子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲームを語るブログです。

約束のネバーランド

あまり「週刊少年ジャンプ」っぽくない作品だな?

と、思ったのが最初の感想。

 

孤児院で、幸せに暮らす主人公や家族同然の子供たち。

ある事から、孤児院の秘密を知ってしまった主人公が

全員で脱出する計画を立てる。

 

主人公は11歳の少女エマ。

エマと一緒に秘密を知ってしまった11歳の少年ノーマン。

そして、ふたりの秘密を知った11歳の少年レイ。

 

それまで優しいと思っていたママ、イザベラとの

心理戦と、補佐役として来たシスター、クローネと

かなりドキドキするする展開で

イザベラから用済みにされたクローネの

最後のセリフに、ぐっと惹き込まれていった。

イザベラの過去や最後のセリフにも。

 

アニメ1期は、ほんとに素晴らしいストーリーと

展開だった。

原作マンガを買おうと思ったくらい。

でも、2期がすぐに決まり

2期終わってからマンガを買おうと思った。

 

楽しみにしていた2期は、あれ???

どうやら原作部分を大幅に削っただけでなく

ご都合主義な展開に、え?どうした???

と混乱したw

 

これなら2期なかった方が良かったwww

1期で終わりにした方が良かったwww

 

買おうと思っていた原作マンガも

原作者が2期に関わっていたのに途中からいなくなった件を知り

マンガも後半駆け足だったようで・・・

買うのをやめた。

読むとしたらネカフェで読むくらいでいいや。

 

1期の頃は、大人気で、多くのYouTuberが

表紙に謎の鍵があるとか謎解きに挑んでいたり

私も早く原作を集めて参加したいと思っていたけど

2期で、ぱったり「約ネバ」のYouTuberは消えた。

 

アニメは、1期も2期も主題歌やエンディングは

良かった。

1期の主題歌をUVERworldが歌うとか

かなりチカラの入れようを感じられた。

 

ちなみに、実写映画は見てないです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。