子供たちは夜の住人

アニメやマンガや音楽を語るブログです。

やがて君になる

マンガで読んでたら、アニメ化して

アニメも見始めた。

 

小糸侑は、恋をしたことのない誰かに「特別」な

感情を抱いたことがない。

そんな侑に、美人で人気のある先輩、七海燈子が

告白をしてくる。

燈子は「自分を好きにならない」ことを条件に

ふたりはつき合う。

 

これは、侑が燈子を好きになったら

燈子が離れていく系?

それとも、燈子が変わっていって

くっつく系?

 

燈子の親友、沙弥香も燈子に片想いしている。

燈子のことが好きだけど、一番近い友人として

一定の距離を取っていた。

これ以上は踏み込んじゃダメかな・・・と思う

キモチは共感する。

だからこそ、切なかったな。

 

燈子が、完璧を目指してる背景には

亡くなった姉、澪として振る舞おうとしてる側面がある。

 

百合なんだけど、多分、私の中のボーダーが

性別カンケーないスタンスなので

フツーに恋愛作品として読んでた。

 

アニメは、アニメオリジナルの終わり方はせず

原作マンガの切りのいい場所で終わってる。

だから、最終回までの流れはマンガで読んでいた。

 

綺麗にまとまった作品だな。

と、思ったのが私の感想。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。