子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

甲虫王者ムシキング

ある日、子供売り場に突如現れた

アーケードゲームムシキング」は

当時の男の子たちに大ブームを巻き起こしたw

 

お金を入れて、出てきたカードで

遊ぶ単純なゲームだったけど

もともと、カブトムシやクワガタと

昆虫好きな男の子たちには

たまらないリアルな絵柄のカードと

カードによって強さが違うのも熱狂させたw

 

途中、多分カードコレクター?な大人も

子供たちの列に並ぶようになったw

 

これが、のちのカードで遊ぶゲームの

走りになったと思う。

カードだったりメダルになったりね。

 

ゲーム内容も、敵のムシと戦って

勝ち抜いていくだけでなく

その黒幕と言うかボスのアダー様w

との展開がストーリーになっていて

続きが知りたい!!と思わせたw

 

操られたムシたちを、コマにしか思ってない

アダー様が見限ると

 

「アダー様ーーーー!!

なぜぇーーーー!!!!」

 

みたいなセリフがあって

めっちゃマネしたwww

ムシたちが、アダー様って呼んでたから

今でも、アダー様と言ってしまうw

これは、「北斗の拳」のハート様現象と同じ?w←

 

敵、ぶっちゃけ、アダー様しかいないのにw

こんだけ熱いストーリーにさせられるの

すごいと思ったwww

 

アダー様は、黒いマント姿の「老人」なんだけどねw

あのカリスマ性ヤバいwww

ジョジョ」だとディオくらいのカリスマ性www

 

主人公も、もちろんいて

ムシキングが主人公ではなく

ポポという森の妖精の少年が主人公。

 

アダー様ほどの強烈な印象がないのは

主人公だけど、ゲームやってる子が

ムシキングと一緒に戦ってる感じを出すために

あえて強い個性を持たせなかったのかな?

と、思う。

 

この大ブームは、かなり続いたと思う。

どんどんカードも増えていったし

順番の列を見ない日はなかった。

 

そんなに、カブトムシとクワガタに種類いるの?

と思うくらい知らない名前やら

めちゃくちゃ長い名前のムシの名前が

出てきてwww

え、これ・・・覚えられないwww

この長い名前を、きちんと言える男の子たち

すげーなwww

 

どこへ行っても

ムシキング」のゲーム機が置いてあったw

 

そして、アニメ化。

 

このアニメは・・・

ムシキング」超人気だったからわかるけど

最初から、まったく期待してなかったw

あー、やってしまったな・・・

としかwww

 

アニメでは、あたりまえだけど

ポポが主人公で、ゲームでは登場しない

アニメオリジナルのポポの仲間とか登場する。

完全に、アニメは、このゲームの人気を

間違ってたwww

 

あと、ゲームだったから

あのストーリーでよかったけど

アニメにするなら、どうしても話を

盛らないといけないw

 

まぁ、おもしろくなかったよねw

アニメ・・・

途中で見るのやめたよねw

全52話もテレ東ガンバったね・・・w

 

カブトムシやクワガタの企画や動画は

視聴率が取れないで有名らしいけど

ただ、単純に、いろんな種類のカブトムシとか

戦わせるだけの番組あったけど

あれは、当時「ムシキング」にハマってた子たちは

夢中になって見てたよw

 

あの時期は、リアルカブトムシやクワガタも

通常より、めっちゃ売れたんだろうなw

ちょうど夏になると同じ階に売ってたから

場所も良かったよねw

ウィンウィンなカンケーでwww

 

たまに、子供売り場のゲームコーナー見ると

このコーナーができたのも

ムシキング」からだったな・・・と

懐かしく思う。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。