子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

かげきしょうじょ!!

内容は、宝塚みたいな感じ。

 

大正時代から続く神戸の「紅華歌劇音楽学校」の

第100期生の悩みや葛藤を描く物語。

 

思った以上に、よくできたアニメだった。

多分、原作マンガもきちんとしてるんだろうな。

未読だけど。

 

1クール全13話で、それぞれのキャラを深堀りしつつ

1話の話の完成度が、ほんとに素晴らしい。

見た後に、まるで短編アニメ映画でも見たような感覚になった。

別に、宝塚ファンじゃなくても見れる作品。

 

主人公・さらさは、大柄で明るい女の子。

幼い頃は、歌舞伎役者になりたいと思っていたが

ベルサイユのばら」のオスカルに憧れ紅華に入学する。

この一見、天真爛漫に見えるさらさも

歌舞伎役者を諦める過程で暗い影を感じる。

 

さらさの幼なじみで歌舞伎役者になる暁也が

本当に、さらさのことが好きなのか?

ちょっと疑問だったし。

 

元アイドルだった愛は、女優である母の愛人から

性的虐待を受け男性恐怖症。

女性だけの世界に行きたくてアイドルになった感じ。

でも、他者にココロを開かない性格で

母の弟である太一だけが理解者で紅華に入学する。

 

愛の回は、ちょっと、しんどかったので

太一の存在が救いだったな。

 

他者にココロを開かない愛が、さらさにココロを開いてからは

さらさLOVEになっててw

愛の髪型が、ショートからセミロングになるにつれ

さらさへの素直さも増していく感じw

人に興味ないキャラが、素直になると

不器用なんだけど可愛いなw

 

他の100期生では、おっとりで地味子の彩子や

双子の千夏と千秋、成績優秀な紗和と、サラブレッドの薫と

それぞれの話も良かった。

 

正直、もっと長くやると思ってたので

2クールじゃなくて1クールに驚いた。

 

こちらも、続きが知りたい方は

原作マンガへ!!

なパターンなんだろうw

 

主題歌も悪くなかったけど

どっちかというとエンディングのが好き。

世界観と合ってたと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。