子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲームを語るブログです。

愛少女ポリアンナ物語

ポリアンナと言えば「よかった探し」ですねw

 

世界名作劇場」作品。

時系列的には「小公女セーラ」の次の作品になる。

 

ちょうど、「世界名作劇場」から

離れていく複雑な年齢だったと思う。

この何でも「よかった!!」と言うポリアンナ

とにかく、ウザかったからw←反抗期?w

 

ポリアンナの父が牧師で、父が他界してから

親戚の叔母パレーに引き取られる。

 

この叔母のパレーが、かなり気難しい性格で

それでも、ポリアンナは「よかった探し」をして

周囲にとけこみ、パレーのココロも開かせる。

 

でも、ポリアンナが事故に遭い

足を怪我して

「一生、歩けないかもしれない」

と、自分の身にふりかかった不幸の中で

よかった探し」ができなくなる。

 

私は、リアタイで

そりゃ、そうだよね。

他人事だったから明るく「よかった!」なんて

言えたんだよ。

自分が大変になったら言えないんだよ。

 

まるで、ポリアンナを偽善者のように思ったw

 

世界名作劇場」が終わってしまうなんて

まったく考えていなかったけど

確実に、私は「世界名作劇場」から

卒業しつつあった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。