子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

超電子バイオマン

戦隊シリーズ

 

当時から、かなり好きだったな。

「バイオテクノロジー」が流行ってたから

このタイトルになったんだろうなぁw

 

見た目は、「デンジマン」に似てる。

 

バイオ粒子を受けた子孫が

バイオマンに変身する。

 

劇中では、バイオ粒子がふりそそいでる感じだったけど

紫外線的な?w

バイオ粒子って、そもそも、なんだ?w←

 

敵のボスが人間w

しかも超天才科学者?で、ひとりで敵組織を

作っちゃう。

怪しい宗教みたいだw←

 

その他の敵に、バイオ粒子を抹殺する殺人ロボット

バイオハンター・シルバがいたけど

なんとなく、かっこよかったイメージw

「バイオ粒子反応あり破壊!」

結局、シルバって、ほんとにロボットだったのかな?

実は人間でしたってオチもなかったんだっけ?w

 

途中から、仲間が変わってしまう設定は

あまり好きではなかったけど

超電子バイオマン」は特別かな。

 

イエローとピンクが女性。

イエローが好きだったw

 

ピンクは、お嬢様系で

イエローは、ボーイッシュ系。

 

イエローが、戦いで散ってしまう回は

かなり覚えている。

裏事情は知らないけど

作品としては成功した回だと思う。

EDを聴くと、あの回も一緒に

思い出すくらい。

めちゃくちゃ、いい回だった。

 

最初のイエローは、ボーイッシュなカメラマンの女性。

バイク乗ったりしてた。

 

新しいイエローは、私はいまいちだったけどw

インディアンもどきみたいな格好の女性で

ふーん・・・って感じw

この新しいイエローが仲間になるところも

ムリヤリ感があって好きじゃなかったw

もう少しさ、仲間になるストーリー

どうにかならんかったのかw

 

主題歌もEDも、かなり好きだった。

ちょっと、他の戦隊ヒーローの主題歌と

違う感じがする。

歌ってるのは「仮面ライダーBLACK RX」の主題歌も

歌った宮内タカユキ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。