子供たちは夜の住人

アニメやマンガや音楽を語るブログです。

アナと雪の女王

(映画ブログの方にも同じ記事を載せてます)

 

先に言っておく。←アスカ?w

私、ディズニー映画キライなんだよねw

 

でも、小さい頃から他人の家で

たまたまディズニー見ちゃった経験はあるんだけど・・・

 

ちょっと、どうしちゃったのよ!!

アナと雪の女王」なんて映画館に行かなきゃ

観ないで通れる道だったじゃないwww

 

誰かに誘われたわけでもなく、ひとりで

吹替版と字幕版、2回も観に行ったよwww

 

あの時の私の心理状態を誰か教えてくれwww←

 

ストーリーは、王国に仲の良い姉妹がいて

姉のエルサは魔法を持っていた。

妹のアナを魔法で誤って事故に遭わせてしまう。

アナは、事故のことやエルサの魔法の記憶を消され

エルサの方は日増しに強くなる魔法に閉じこもるようになる。

その後、国王である両親が事故で帰らぬ人になり

アナはエルサだけが唯一の肉親になってしまうが

城は閉鎖されエルサは引きこもっているから

アナは、いつも寂しさを感じて成長する。

 

そして、エルサが女王として即位する日

城が開かれ、いろんな人達が戴冠式のために

出入りするようになり

アナは、ハンスに恋をする。

 

えっとね・・・

アナちょろすぎwww

 

寂しく育ったから男性に恋しちゃうの

しょうがないよー

あたりまえだよー

と、言う人もいると思うけど

それ言ったら

エルサだって、条件は同じ。

 

ほんとは、アナとまた一緒に遊びたい。

でも、またアナを傷つけるかもしれないと

ずっと、ひとりで寂しくしてたのは

エルサも同じ。

でも、エルサは別にそこで男性に恋しない。

 

アナが、つくづく浅はかなんだよな。

自分だけ寂しいんだって思い込んでるし

エルサの孤独にまったく気づいてあげてない。

 

エルサの魔法のチカラを目のあたりにして

エルサが去った後も

エルサの孤独をわかってあげてないと思う。

 

エルサは、自分ひとりで生きると決めて

氷の城を作ってそこで暮らすけど

アナの方は、国をハンスにまかせ

道中、知り合ったクリストフと雪だるまのオラフから

助けられながらエルサのもとへ向かう。

 

ひとりで強く生きていこうとする姉と

まわりの人たちに頼って生きる妹の対比が

めっちゃ、わかりやすい作品だと思う。

 

よく、長女は、しっかり者だけど不器用

でも、次女は要領がいいって

めっちゃ古典的なパターンw

 

まぁ、このディズニー作品でも

「真実の愛」とやらが絡んでくるんだけどw

 

アナが死にそうな時に、自分からハンスに

「真実の愛」が必要だからキスをしてって

言うシーンで、ハンスが豹変するんだけどw

ハンスも脇が甘いwww

 

国を乗っ取りたかったら、もっと巧妙にやらなきゃw

 

オラフが、結構、この作品ではいい役でw

アナに「真実の愛」とは

「自分のことよりも相手のことを考えることだ」って

言うんだけどさ・・・

そこで、アナはクリストフ!!

とか、思うのバカだろ・・・

なんで、そこでエルサ!!

に、ならないの???

 

もう、アナが、ほんと男しか見てないのが

ビッチすぎてwww

 

劇中で歌う曲が、ディズニーマジックだろうか?

めっちゃ歌いやすいからか?

覚えやすいからか?

ずっと、耳から離れなかったしw

サントラを買おうかと店でしばらく悩むくらいは

毒されていたwww

 

なんで、この国でエルサだけが魔法が使えるのか?

まったくわからないし、ずっと疑問だったwww

両親も魔法使える描写なかったと思うし

アナも魔法使えないし

そもそも、なんでエルサだけ魔法が使えるの???www

 

別に、この作品で「家族愛」や「姉妹愛」は

感じられなくて

ただ、エルサの妹愛だけは感じたな。

 

エルサが、ほんとにアナのことどーでもよかったら

ハンスと結婚するって言ったら

簡単にOKしたと思うし

じゃあ、別の国へお嫁に行ってね。

城から出てねって感じだったと思う。

 

アナのこと大事だから

初対面のよく知りもしない男性と結婚???

そんなのダメに決まってる!!

って、すごくあたり前のこと言ってるしね。

 

そこで、アナがエルサに対して

「こんな生活もうこりごり!!」

とか言うんだけど

じゃあ、お前だけ出てけば?と

私は、思うんだけどw

エルサが出ていくっていうねwww

 

男なんて頼らないエルサ。

男ばかり見てるアナ。

 

そんな作品だったwww 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。