子供たちは夜の住人

アニメやマンガ等いろいろ語るブログです。

SLAM DUNK

なんとなく・・・

避けてきたマンガ。

絵柄が、濃いなぁ・・・

暑苦しいスポーツものかぁ・・・

と。

 

今度、仕事で、スラダンやるから

単行本、全部、読むように言われて

仕事の合間をみて

無理やり読んだのが、キッカケw

 

赤髪の不良少年・桜木花道

バスケ部に勧誘してきた

赤木晴子に、一目惚れして

まったく、バスケ経験なしの素人だったが

バスケ部に入部する。

 

私も、バスケは、ほとんど

ド素人で、まったく、わからないんだけどw

 

この作品は、花道の基礎練習から始まり

部長の赤木や、マネージャーの彩子さんに

教えられたり、怒られたりしながら

成長していく。

 

シュート練習の、左手はそえるだけ

とか、めっちゃ、へぇって

思ったw

 

あと、花道の驚異的な体力に

驚きつつ、笑ったw

安西先生に、たぷたぷしたりw

 

あんなに、避けていた画風は

読んでいくうちに、印象が変わった。

あと、花道が、最初は、晴子さんに

いいところを見せたいってキモチで

始めたけど

負けず嫌いな性格が、バスケのおもしろさや

バスケが、うまくなりたい!というキモチに

変わっていって

赤髪も、ボーズにしてきたり。

ボーズにしても赤かったけどw

 

もう、ほぼ、ほぼ、バスケ中心に

ストーリーは、進んでいく。

晴子さんが、ヒロインなんだけど

こんなに、影の薄いヒロインも

めずらしいなw

と、思うくらい

バスケ部の、部員たちのエピソードや

ライバル校たちのエピソードとか

ほんと、泣けるの!!

やばいの!!

 

三井寿のエピソードは

もう、やばいよね!!

「バスケがしたいです・・・」

名セリフになるくらいだもんね!!

 

湘北メンバー

部長の赤木、副部長の小暮

天才シューターの三井、リョータ

花道と同い年の流川、そして花道。

 

マンガを、楽しく読んでたけど

この作品って、私の推し誰一人として

いないのwww

めっちゃ、めずらしいよねwww

なんか、ストーリーに入りこんじゃって

推しとかいなくても、読ませちゃうの

すごいと思う。

 

スラダン読んでると、ほんとに

自分も、がんばろうと思える作品で

たくさんの勇気をもらった。

特に、夢に対して諦めないってことを

教わったような気がする。

 

不良して、バスケから離れていた三井が

「なぜオレはあんなムダな時間・・・」

て、セリフが、すごく刺さったな・・・

私も、なぜあんなムダな時間・・・

て、思わない生き方をしたいと思ったし

そんな、三井が、バスケに戻ってから

3Pシュートとかする姿に

やり直せる!!

大丈夫!!

やり直せるんだよ!!

と、めっちゃ、思った!!

 

綾南メンバー

部長の魚住、赤木に負けないくらいの

ガタイのでかさ!!

魚住といえば、大根のかつらむきが印象的w

天才プレイヤーの仙道、福田、彦一

くらいしか、覚えてないやwww

 

海南メンバー

とても、高校生には見えない貫禄の牧www

問題児・信長、神。

あ、また、これくらいしか覚えてないwww

 

ちなみに、神のベリーショートに憧れて

人生初のベリーショートにしたんだけど

めっちゃ、モンチッチになってしまって・・・

もう、二度とベリーショートにはしないと

決めたwww

 

翔陽メンバー

イケメン藤真、メガネの花形

あれ?このふたりしか覚えてないwww

 

当時、私が、スラダンにハマった頃

友達も、スラダンにハマっていてw

同人誌を描こうよって誘われるwww

 

友達は、生粋のBL育ちだったので

スラダンの同人誌も、もちろん

その方向で、ということに・・・

 

BL界での、スラダンは

三井×リョータ

藤真×花形

が、多かったかなぁー

 

私は、BLとか全く描いたことがなく

オリジナルマンガは、恋愛ものばかりだったし

同人誌も、原作の世界観を壊さないように

二次創作するくらいだった。

 

初めてのBLで、カップリングとか

考えなきゃいけなくてw

私の中では

藤真×牧

だったwwwww

 

イケメン女性顔してる藤真が

いぢわるな攻めで

おっさん顔の牧が受けという

誰得なのか、わからないカップリングを

作ったわけですが・・・

まぁ、売れませんでしたねwwwww

 

そもそも、BL同人誌で売れたことないですねw

やっぱり、生粋のBL友達には負けますwww

 

アニメも見てたけど

大黒摩季の「あなただけ見つめてる」が

一番、覚えてるなー

歌詞に、サッカーとか出てくるしw

バスケアニメなのにw

内容は、彼氏のために彼氏好みに

変わっていく女の子の歌で

スラダンと、ほとんどカンケーない歌

なんだけど、なぜか、スラダンの歌の中で

これが、ダントツ、思い出すし

スラダンって感じするw

 

原作は、ジャンプでも読んでたけど

「第一部完」

で、第二部を信じて、待っていた

ファンのひとりですw

 

どれくらい待ったか、わからないけどw

 

ある学校の黒板に

スラダンの続編「あれから十日後」の

マンガが、描かれてると知って

現地には、行けなかったけど

その黒板マンガを読んだ時

 

スラダン、ほんとに終わっちゃったんだな・・・

 

と、しんみりするキモチと

変わりない、スラダンのみんなの

その後を読めて、うれしかった。

 

今では、井上雄彦の画風が好きだし

あんなに、細かい繊細なマンガを

毎週、描いてたかと思うと

ほんとに、すごいとしか言えない。

 

ストーリーも、画力も

すべてが、魂込めて描いた作品だよね。

タッチ

日曜の夜、家族で毎週見るのが

日課だったアニメw

 

この作品で、あだち充を知る。

 

達也と和也の双子の兄弟と

幼なじみの南との三角関係と

野球アニメ。

 

野球は、ほとんど、ルールも知らないし

興味もなかったけど

アニメだと見れちゃうのが不思議w

 

最初から、南は、達也のことが

好きなのは、明白で

和也の片想いなんだよね。

 

学校では、美男美女で成績もいい

和也と南が、カップル扱いされるけど。

 

和也は、南が達也に想いをよせてるのも

わかってて、南にアプローチしたり

達也にも正々堂々と恋のライバルとして

自分に遠慮しないでほしいことを告げてて

ほんと、性格が、めっちゃいいんだよね。

 

「南を甲子園につれていって」

の願いを、叶えるため

和也は、野球部のエースになり

夢の実現への努力をしている。

 

日曜のお茶の間で

衝撃の「和也の死」・・・

 

「きれいな顔してるだろ、死んでるんだぜ・・・

それで・・・」

 

南が、ガード下で泣くシーンと

セットで、覚えてる・・・

 

和也の夢を、達也が、受け継ぐから

タイトルが「タッチ」だったのか・・・

と、その時、思った。

 

タッチは、本放送が終わってからも

夏休みになるたびに

毎年のように、再放送されたw

 

私の記憶だと、夏休み中に

最終回まで放送できた年って

あったっけ?

て、くらい、柏葉英二郎登場あたりまでしか

やってないイメージwww

 

アニメで、原作のマンガにも

興味をもち、単行本を開くと

めっちゃ、シンプルで、白いマンガだなw

と、思ったのが、第一印象。

 

私は、好きな声優・難波圭一が演じた

和也のファンだったw

 

和也がいなくなってからは

ライバル校の新田くんファンになったw

どう転んでも、達也ファンにはならないらしいwww

 

ストーリー的には、達也に甲子園に

行ってほしかったし

南とも、結ばれてほしいと思ってたけどねw

 

放送当時、CMで

ローソンに行くと

タッチのドリンクやレターセット?が

売ってるのが流れるたびに

うちには、ローソンどころか

コンビニもないよ!!

と、思ってたので

ローソンは、ずっと、憧れだったwww

 

ニュース番組?で

「南ちゃんを探せ」

て、コーナーも

しばらく、続いてたなw

 

近所の小さな本屋では

立ち読みできる店だったから

よく、学校帰りに寄っては

立ち読みしてたんだけど

あだち充コーナーだけ立ち読み禁止で

棚にロープでガードされてるくらい

店主が、あだち充ファンだったんだなw

買う時、棚から、マンガを出すのも

苦労しそうだなw

とも、思ったけどw

 

「タッチ」のアニメは

好きだったけど

南ちゃんより、新田くんの妹・由加が

好きだったw

この頃から、妹キャラが好きだったのかな?w

 

南ちゃんは、きっと

すべてが、完璧すぎた。

だから、感情移入や共感とかなかったんだと

思う。

子供ながらに、男の子が好きそうな

理想の女の子が、南ちゃんなんだろうな・・・

 

由加は、異性からはモテてたけど

同性からは嫌われてる設定だったけど

私は、由加のが感情移入や共感を

もってたと思う。

 

あと、当時

新田くんの学校名

須美高だと思ってたんだけどw

須美工だったwww

 

これは、私の勝手な

イメージなんだけど

工業高校って、偏差値低いイメージで

え!実は、新田くん

頭良さげに思ってたけど

そんなことなかった???

そういえば、オートバイ乗ってるし

オートバイ許可してる高校なんて

めったにないw

やっぱり、工業高校だから?

とか、新田くんファンなのにw

新田くんディスってるような考えが

頭を、よぎりまくったけど

新田くんファンですよwww

 

岩崎良美が、歌う主題歌も

「タッチ」の世界観に合ってたと思う。

どの曲も、好きで覚えたけど

特に好きだったのは「青春」かな。

 

ちなみに、テレビスペシャルの

タッチ続編アニメは

私の中では、ないわー・・・

これは、作らなくてよかったのでは?

と、思ってる。

 

なので、私の中の

「タッチ」は、原作マンガとアニメで

終わってます。

 

あんまりね、人気がでたからって

ごちゃごちゃ作ればいいってもんじゃないよ。

 

名作は、名作のまま

終わらせるのが粋ってもんでしょ。

HELLO WORLD

なんとなく、気になって

観に行ったアニメ映画。

 

高校生・直美の前に、未来の自分だと

名乗る先生(ナオミ)と出会う。

 

最初は、絵柄が、あんまり好きじゃないな・・・

と、思いながら見てた。

 

先生は、過去の歴史を変えるため

直美に、能力の特訓をしながら

ある女の子・瑠璃と仲良くなるように

支持する。

 

直美は、瑠璃は自分の好みじゃないなと

思いながら、徐々に距離を縮めていく。

 

過去を変えようとする行動を

修復しようとするシステム・狐面との

バトルが繰り広げられる。

 

瑠璃をめぐり、狐面とバトルしながら

過去を変えてハッピーエンド?

と、思ってたけど

全然、違ったwww

 

未来のナオミ・先生には

瑠璃が脳死してから、耐え難いほどの

苦労を繰り返していた・・・

 

高校時代に、好きになった瑠璃を

ただ、ただ、一途に思い続けて

瑠璃をめざめさせたい一心で

生きてきたナオミが

私には、この作品の本当の主人公なんじゃないか?

と、思った・・・

 

好きなシーンは、過去の瑠璃が直美と

新世界に行く時に

ナオミに、お礼を言うシーンかな。

 

なんだか、すごく切なかった・・・

本当は、瑠璃と一緒にいたかったのは

ナオミだったよね・・・

そのために、たくさんの訓練をしてきたんだよね・・・

 

男の子キャラは、あまり、好きじゃない絵柄だったけど

瑠璃の外見は、「けいおん!」のあずにゃんに似てるwww

 

アニメを見てるうちに

絵柄も気にならなくなり、どうなっちゃうの???

という、ハラハラと

直美とナオミを、応援したいって

キモチで見てた。

 

映画を観る前の、前評判とか知らずに

観たけど、私は、好きな作品。

 

主題歌が、ヒゲダンの「イエスタディ」

なんだけど

映画を観た後に、この歌を聴くと

めっちゃ、主人公のキモチを

歌ってるんだよね。

 

だから「イエスタディ」を聴くたびに

アニメのシーン、シーンを

思い出して、切なさを感じる。

 

そして、いろんな意味で

観てる私たちの、願いも叶えられて

感動的なアニメに仕上がってるのも

また、いい。

うる星やつら

たまたま、テレビを見てたら

始まったのが「うる星やつら」だった。

まだ、子供だった私は、一目で、ラムちゃん

好きになりw

毎週、見ることになった。

 

高橋留美子・るーみっく作品との

最初の出会いである作品だ。

 

女好きの高校生・あたると宇宙人のラム

あたるの幼なじみのしのぶとの

三角関係かなぁー

と、見てたら

 

まぁ、いろんな女性キャラが登場するwww

めっちゃ、登場するwww

 

ラムの幼なじみ・ラン

保健室の教師・サクラ

ラムの友人・弁天・おユキ

カラス一族・クラマ

男として育てられた・竜之介

など

 

どのキャラにも、あたるは

アタックするから

そのたび、ラムがヤキモチを妬くシーンが

多いし、電気でビリビリさせられたりw

 

最初、ラムの恋敵だった、しのぶも

面堂を好きになったりw

 

あたるに恋じかけをしてくるランも

ラムの婚約者・レイが好きだったりw

 

とにかく、女性キャラだけでも多いのに

男性キャラも多いし

めっちゃ、賑やかなアニメwww

 

こんな女好きで浮気な、あたるの

どこがいいのか、ほんと謎だったなーw

婚約者のレイは、イケメンだけど

牛鬼に変わったり、かなりの大食いで

ラムが、そんなレイと比べたらダーリン(あたる)のが

いいってセリフがあったなw

 

好きな話は

ラムが、本性を隠し

あたるとデートする話かな。

空に飛んでいこうとするラムの手を

あたるが、ひっぱるシーンが印象的だった。

 

ラムのことを、いつも、邪魔者扱いする

あたるだけど

自分の欲望が叶う夢の中に

女の子に囲まれてる、あたるが

その中に、ラムがいないのに気づいて

ラムがいなきゃ意味がないって

セリフを言ってて

ラムのこと、キライじゃないんだなぁ

てか、好きなんだね。

好きだけど、浮気もしたいんだねw

 

アニメは、ほんと長くて

5年間くらい放送してたと思う・・・

 

後半部分は、ほとんど見てなくて

最終回だけ見た記憶があるw

 

アニメの再放送も、何度も見たけど

やっぱり、前半部分が、おもしろくて

中だるみもなかったように感じる。

 

うる星やつら」のOP、EDも

かなり、好きでアルバム買ったなw

カラオケで、フツーに歌えるwww

 

いろんなキャラが、登場したけど

結局、ラムが一番好きだったな。

どんなことがあっても一途なところは

やっぱり、かわいい。

 

当時、どの客層向けに作ったアニメなのか

わからなかったけど

少年誌原作のマンガだってのを知らなかった。

てっきり、女の子向けアニメだと思ってたw

 

女の子用食玩に「うる星やつら」の

シールが入ってるのを

集めてた思い出があるw

 

従妹が

うる星やつら」の単行本を持ってて

読んでたから

女の子人気も、かなり、あったと思う。

ちなみに、従妹は、おユキのファンだったw

 

当時は、るーみっく作品と

これから、長い、長い、つき合いになることを

知る由もなかったwww

orange

アニメで、未来の自分から手紙が来るという

ストーリーに興味を持って見始めて

マンガも集めて、映画も観に行ったな。

絵柄的には、少女マンガっぽくなくて

どちらかというと、少年誌っぽい感じ。

 

高校生の主人公たち

菜穂・弘人・あずさ・貴子・朔に

転校生の翔の世界と。

 

10年後の世界。

 

ただ、違うのは、10年後の世界には

翔がいないこと・・・

 

未来からの手紙は、翔を助けるための

手紙だった。

 

菜穂のことを、好きな弘人が

すごく、切ない・・・

 

菜穂と翔の笑顔や幸せを

願ったら、自分の想いなんてと

思えるの・・・

切ないよね・・・

 

もし、翔が転校してこなかったら

菜穂は、自分の彼女になってたかもしれないとか

考えなかったのかな・・・

 

自分の未来を大きく変えるって

弘人にとって、すごい決断が

必要だったと思う。

 

翔は、家庭環境のせいか

すごく、メンタルが弱いし

不安定なんだよね。

 

仲間だったら、友達だったら

やっぱり、助けたいと思うのは

すごく、わかる。

 

それは、恋よりも、大切な友情だったのかもしれない。

 

10年後の菜穂は、とても、幸せそうだけど

やっぱり、翔がいない世界を

引きずっていて・・・

そんな、菜穂を見たくなかったのかもしれない・・・

 

仲の良かった仲間も、翔がいなくなって

ギクシャクしてしまってるみたいだった・・・

 

多分、この作品って

弘人の想いが、なかったら

100%未来を変えるのバンザイなんだけど

そうじゃないから

切なさも、あるんだよね・・・

 

そんな中、アズと朔のふたりの

やりとりが、すごく、微笑ましくて

好きだったな。

 

変えたい過去は、誰でもあると思う。

助けられる命があったら、助けたいだろう。

「後悔」のないように

今を、生きてほしいって

作者からのメッセージ的、作品だったのかな?

と、勝手に解釈してる。

Paradise Kiss

矢沢あいの作品だ・・・

と、たまたま、見始めた。

 

主人公・紫が、モデルにスカウトされて

どんどん、変わっていく姿が、楽しく見れた。

 

矢沢芸術学院の服飾科に在籍してる学生で

結成された「パラダイス・キス

 

紫とジョージの恋が

高校生とは思えないくらい

大人の恋にみえたなぁw

 

あと、なんか

似たようなキャラ見たことある・・・

と、思ったら

超昔にやってたアニメ

ご近所物語」の続編的な作品だったんだね。

だから、実和子の姉・実果子が

幼なじみのツトムと結婚してて

夢を叶えていて、すごいなって思った!

 

勉強だけの世界から

他の世界もあるって発見や

夢が生まれるのって

やっぱり、いいよね。

 

この作品で、一番、好きなエピソードは

イザベラなんだよね。

一見、イザベラって、お金持ちのお嬢様?

に、見えるんだけど

実は、男の子で

幼なじみのジョージに、自分の本心を

話して受け入れてもらえたキモチとか。

すごく、イザベラにとって

ジョージって、特別な存在なんだろうなって。

 

紫とジョージは、なんとなく

離れてしまうのかな・・・

 

と、思ってたから

最後に、ジョージが今まで作った服を

全部、紫にあげるの

素敵だなって。

 

で、紫も、その服を

いつまでも、着れるように

体型維持してるのも

プロ根性を感じる。

 

ご近所物語」を知らない人も

ご近所物語」を知ってる人も

楽しめる作品だと、思います。 

スピッツ

スピッツの歌をいいなと、思ったのは

白線流し」のドラマの主題歌

空も飛べるはず」からだった。

 

白線流し」は、ドラマが終わった後も

数年後、よく、SPドラマで

高校生だった仲間たちの卒業後の

その後を描いていて

SPドラマを、やるたびに見てたな。

最後のSPドラマを見終わったあと

大人になってしまった仲間たちを

寂しく思った・・・

あんなに、純粋に恋をしていた学生時代を

懐かしく思う曲でもある。

 

レンタルショップに、よく通っていた頃

スピッツの曲をレンタルした。

 

どれも、好きな歌だったけど

特に、好きだなと思ったのは

 

「ロビンソン」

「チェリー」

「渚」

「夢じゃない」

 

まぁ、ほとんど、初期の歌が好きだな。

 

ボーカルの声が、優しい声で

飾っけのないメロディが

とても、合ってるなと思った。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。