子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

青い花

多分、アニメを、ちらっと見て

知った作品。

 

マンガを読み出したら

どんどん、惹き込まれていった・・・

 

女の子が好きな、ふみちゃん。

まだ恋を知らない、あきら。

ふたりの女の子の、とても不器用な恋愛。

 

ふみちゃんの好きと

あきらの好きは

違うって

読者でもわかるし

あきらも、ふみちゃんも違うって

わかってて、つき合ってるけど

最終的には、ダメになってしまうんじゃない?

 

と、私は、思った。

 

お互いに、大事だから、傷つけたくないから

そう、思ってるキモチは同じなのに・・・

同じなのに、大事な部分が違うと

ダメなんだろうなって・・・

難しいよね。

 

あきらが、別れる時に言った言葉が

「呪いの言葉」になる。

 

私が、「青い花」を、すごく好きになったのは

この「呪いの言葉」のせいだろう。

 

それまで、ふみちゃんの恋愛を読んできて

あきらと、つき合う前は

女の子とは思えないくらいのボーイッシュな

かっこいい、みんなが憧れる杉本先輩と

つき合って

でも、杉本先輩には、昔から抱えている初恋の相手への

思いがあって、別れる。

 

それに比べたら、ふみちゃんとあきらの恋愛は

とても、子供っぽくて、ピュアで・・・

でも、ふみちゃんは好きだから

汚しちゃいけないって思いながらも

キス以上のこともしたいと思う。

 

子供っぽい恋愛に見えたのは

きっと、あきらが恋を知らないまま

友達の延長線上での好きで

つき合いだしたせいかもしれない。

 

ふみちゃんにとって

「呪いの言葉」になるのは

すごく、わかる。

はっきりと拒絶されたわけじゃない。

とどめも、さされたわけじゃない。

 

でも

 

あきらにとっても

「呪いの言葉」になる。

 

そのくだりが、ほんとに好き。

 

いろんな百合系のマンガを読んできたけど

きっと、この作品は、宝物になってる女子

多いんじゃないかな?

 

マンガを読みおわってから

 

しばらくしてから、アニメを見た。

 

アニメは、ふみちゃんと杉本先輩の恋愛の

はじまりとおわりで

あきらとの恋愛までは描かれないので

ちょっと、残念・・・

でも、OPの歌は、すごく、いい。

青い花」の世界観というか

ふみちゃんと、あきらのことだなって思う。

 

杉本先輩の報われない恋。

京子の報われない恋。

いろんな報われない恋が交差する。

 

「君がいてよかった。それは一番、思うこと。

君がいてわかった。私、私のこと。」

 

もう、この歌詞に、すべてがつまってると思う。

青い花(1)

青い花(1)

 
青い花 Blu-ray BOX

青い花 Blu-ray BOX

  • 発売日: 2013/09/06
  • メディア: Blu-ray
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。