子供たちは夜の住人

アニメやマンガや音楽を語るブログです。

魔法のスターマジカルエミ

ぴえろ魔法少女シリーズ」第3弾

 

私は、もう、マジカルエミの本放送では

見てないんだよね。

 

たまたま、夏休みかな?

毎日、再放送してたのを見た。

だから、私が、ぴえろ魔法少女シリーズ

最後に見た作品になる。

 

香月舞は、マジシャンを夢見る小学5年生。

祖父が主催するマジック劇団「マジカラット」の

手伝いをしたり、でも、不器用さで

なかなか、マジシャンとはいかない感じ。

そんな時、鏡の精・トポから魔法を授かり

自分の理想像の「マジカルエミ」に

変身できるようになる。

 

舞は、高校生・結城将に淡い恋ココロを抱いており

将は、ボクシングに情熱を燃やす少年。

 

「マミ」の時も、ちょっと年上の男の子に

恋をする優が描かれてたけど

「エミ」は、これまたw

随分と、歳の差のある男の子に

恋をするのねwww

 

小学生と高校生って、高校生男子から見たら

もう完全に恋愛対象外だよねー

難しい恋愛だw

 

 

この作品は、舞が、自分から魔法を手放す選択をする

ココロの成長を描いていて

「マジカルエミ」で、マジックを成功させても

それは、あたりまえで・・・

自分の実力じゃないのも、わかってくる・・・

 

舞は、簡単なマジックを、自分のチカラで

練習して成功したら魔法を返そうと

がんばる姿が描かれる。

 

「マジカルエミ」のOPもEDも

めちゃくちゃハマったwww

 

「不思議色ハピネス」や

「あなただけDreamong」とか

めっちゃ、いいよね!!

 

舞が、魔法を返したように

私にとって、ぴえろ魔少女シリーズからの

卒業になった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。