子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲームを語るブログです。

舟を編む

本屋で、原作本を見かけた時

「船の話かな?」

と、思って素通りした。

 

それから、アニメ化になり

アニメで、ストーリーを知ることになる。

 

出版社・玄武書房では国語辞典「大渡海」の

刊行計画を進めていた。

営業部員・馬締光也は、定年まじかの

ベテラン編集者・荒木に引き抜かれ

辞書編集部に異動することになる。

個性豊かな編集者たちが辞書の世界に

没頭していく。

 

あー

辞書を作る話なんだ!!

とwww

タイトルだけじゃ、全然、わからなかったwww

 

で、アニメは、すごく、おもしろかった!!

 

馬締は、見た目からし

超真面目な眼鏡男子。

だけど、言語感覚に敏感で

どんどん、辞書作りの世界に没頭する姿は

見ていて、キモチがいい。

 

言葉って、ほんと

いろんな種類があるんだなぁって

こっちまで、夢中になる。

 

馬締と、同い年で先輩の西岡は

チャラい性格で社交的。

正反対のふたりだけど

馬締の影響を受け、次第に辞書作りに

愛着を持つようになる。

 

個性豊かな編集部員を

馬締がキッカケで、変わっていく感じが

いい。

 

正反対の馬締と西岡のやりとりが

だんだん、友情に変わっていくのも

よかったなー

 

アニメは、編集部員をメインに

したかったから

 

馬締の下宿先の娘・香具矢に

馬締が一目ぼれするシーンはあるけど

その後、どうやって、ふたりが近づくかは

描かれてないんだよね。

 

西岡も、交際相手・麗美との

恋愛シーンは、あまり描かれてなかった気がする。

 

13年後を描いて、アニメは終わるんだけど

お互い、歳を取った馬締と西岡が話すシーンが

なんだか、描かれなかった月日を感じられて

よかったな。

 

このアニメで

主題歌を歌った、岡崎体育を知るw

「潮風」は、この作品に合う歌詞だった。

言葉遊びの曲でw

 

オタク的感覚で見ちゃうとw

 

西岡と交際してる麗美

声優が、阿良々木と戦場ヶ原www

で、馬締と香具矢は

声優が、忍野メメ忍野忍www

 

わぁー

西尾維新の「物語」シリーズの

声優大集合ですねwww

 

ちょっと、話はそれたけどw

 

このアニメが、キッカケで

知人が、原作本を買ったりと

やっぱり、もっと、知りたい!!

 

と、思う人、多かったんじゃないかな?

 

やりがいのある仕事をする楽しさを

すごく、感じる作品でした。 

舟を編む 下巻(完全生産限定版) [Blu-ray]
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。