子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

岡田有希子

中学入学して、すぐの頃だった。

 

クラスメイトの男子たちが

週刊誌を持ってきて

岡田有希子自殺だって!!」

「脳が飛び散ってる!!」

 

私は、岡田有希子のことは

もちろん知っていた。

 

ちょうどドラマで

「禁じられたマリコ」を見ていたし

くちびるNETWORK」も音楽番組で

よく聴いていたから。

 

ドラマは超能力のある少女の話で

毎週、楽しみに見てた。

いまだに、再放送もDVD化もされていない。

 

学校があったからワイドショーとか

見れなかったけど

週刊誌で男子が騒いでいるのが聞こえて

その中身が、いかに生々しかったかを

よく覚えている。

 

クラスでは、みんなして週刊誌を見ては

騒いでたけど

私は、別にファンでも何でもなかったけど

見なかった。

 

今は、芸能人の自殺は、ますます増えているけど

当時は、本当にショッキングな出来事だった。

 

ちょうど、自分も10代で

岡田有希子も10代だったからかもしれない。

 

自殺の原因は、ドラマで共演した俳優に

フラれたからだと報じられた。

 

もちろん、そのドラマを見ていたから

あの俳優???

と、すぐにわかった。

 

当時の日記の内容も一度だけ公開され

特定の男性への片想いも報道された。

 

今となっては、真実なんてわからない。

 

日記だって、10代の女の子だから

歌詞のフレーズが思いついたり

詩のように書いただけかもしれない。

ただの想像の架空のセリフだったかもしれない。

 

それより

一番の驚きは、後追い自殺

1ヶ月で100人を超えていたこと。

その後追い自殺は長いこと続いていた。

社会問題にもなった。

 

時代的には、アイドル全盛期で

いろんなアイドルがいたし

岡田有希子と同時期にデビューしたアイドルだって

山ほどいた。

 

私は、特別かわいいアイドルだって

思ったことは一度もない。

歌も、特別うまいとか

かわいい声だとか思ったこともない。

 

高校に入学すると同じクラスに

同姓同名の「おかだゆきこ」さんが

「あの岡田有希子と同姓同名だったから

当時は大変だったよーw」

と自己紹介していた。

 

あの事件から3年経ち平成になっても

その名を、みんな忘れることはなかった。

 

そして、2000年以降に

岡田有希子」を知らないけどファンになった層が

かなり現れ

岡田有希子」の書籍も出ていて

少し読んだら

亡くなってから、ますます人気が衰えない

永遠のアイドルとして書かれていた。

 

人気絶頂期で10代で亡くなった岡田有希子

いつのまにか「神性化」されていた。

 

何より、「自殺かっこいい」と思う若者に

強い共感と憧れの存在になっていた。

 

当時、本当に岡田有希子の大ファンで

後追いした子もいたと思う。

今でも、墓所や現場に献花をしてるファンもいると思う。

 

でも

岡田有希子を知らないけど10代で自殺という

若者の岡田有希子神性化には私は疑問しかない。

 

思春期や10代って、早く死ぬことへの憧れが

あるのも、もちろん理解している。

 

私も、20までは生きないと思って

10代を生きていたから。

 

当時は、そんなことを思って生きてるのは

自分だけだと思ってたけど

これって、10代あるあるだからねw

全然、「特別」なんかじゃないからねw

 

なんなら、つらいのは自分だけじゃないって

世の中に出ればわかるよ。

いかに井の中の蛙だったことを。

 

そんな私でも、リアタイであの事件を知っているけど

まったく共感できない。

 

「死」=「かっこいい」

 

ではないよ。

 

岡田有希子だけでなく

「死」を選ばざる負えなかった人には

想像もつかないほどの苦しさがあったと思う。

 

痛いのヤダけど死にたいとかじゃなくて

本当に痛いとかコワイとか考えられないほどの

苦悩だったかもしれない。

 

「死ぬほどの苦悩」と「生き続ける苦悩」って

なんで、死ぬ方がかっこいいと思われるのか

疑問に思う歳になったのかもしれない。

 

もしも、岡田有希子が自殺せずに

アイドルを続け、他のアイドルと同じように

歳を重ねていたら

本当のファン以外は誰もファンになってないと思う。

神性化もしてないと思う。

 

私は、よく芸能人が歳を重ねて

「劣化」したと言う言葉がキライだ。

 

「劣化」ってなんなんだよ。

みんな歳取るのあたりまえじゃんか。

老いるのが悪いみたいなこの風潮が

ほんとキライ。

 

若かれば若いほどいいって

どんどん年齢層が下がっていく

芸能界も、どうかしてると思う。

 

岡田有希子の本当のファンは

生きててほしかったと思ってるだろうし

なぜ誰も救えなかったのか?

と思ってるよ。

 

きっと、YouTubeや歌を聴くたびに

思い出して悲しくなるファンだっていると思う。

 

10代で自殺かっこいいからファンになったとか

にわかもにわかだし

本当のファンに失礼だと思うよ。

 

別に特別ファンでも何でもない

フツーのアイドルのひとりとして

岡田有希子を見てた身としては

フツーのどこにでもいるような

アイドルの女の子だったよ。

 

人生なんてさ

たった18年で、すべてが決まるわけでも

先のことが見える歳でもない。

 

本当に、楽しいと思えるようになるには

いろんなことを経験しながら生きるしかないんだよね。

 

そーいう意味では

岡田有希子には、自殺という道ではなく

楽しく思える歳まで生きていてほしかったかなと

思う。

 

早くに引退して別の道で生きてくのも

よかったんじゃん?とも思うしね。

いろんなことに挑戦して楽しさを

見つけられたらよかったよね。

 

いいことばかりでは、もちろんないけど

悪いことばかりでも、もちろんないんだからさ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。