子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

アルテ

16世紀初頭のルネサンス期。

フィレンツェから物語が始まる。

 

フィレンツェの裕福ではない貴族の娘・アルテは

絵を描くことが大好き。

父が他界し、結婚を望む母と反発し

アルテは、家を飛び出し

画家になるために画家工房をまわり

レオの初弟子となる。

 

この時代で、女性であること、貴族であることが

偏見や差別の目で見られて

アルテは、思うように画家の勉強がスムーズに

いかなかったりする。

 

私も、絵が大好きで描いてたけど

結局、母には認めてもらうことはなかった。

 

最初は、ただ、画家を目指す少女の物語かぁ・・・

と、軽く見る感じだった。

OPが、大好きな坂本真綾だったのも大きいw

 

で、偏見や差別に負けないで

夢に突き進んでいくアルテが

キライじゃないなと思った。

 

ただ、アルテが、レオに対して

恋愛感情を持ち始めるところは

ちょっと・・・んー・・・

と、思った。

 

レオに、亡き父を見てるようにも感じる。

 

だから、別に恋愛してもいいけど

レオだと、なんか身近な人に恋愛するのが

安直だな・・・と、思ってしまったんだよね。

 

アルテの絵に対する情熱は、すごく共感できたな。

 

今でも、女性差別はあるけど

この時代は、今よりもっと大変だったろうなと

思いながら、最終回まで見た。 

アルテ VOL.1 [Blu-ray]

アルテ VOL.1 [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/06/10
  • メディア: Blu-ray
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。