子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

SSSS.GRIDMAN

途中から見て

「え!!なんか、おもしろいな!!」

と思って見始めたアニメ。

 

それもそのはず、TRIGGER作品だ!!

 

電光超人グリッドマン」を原作にしてる

オリジナルアニメなんだけど

知らなくても楽しめる。

 

私が、おもしろいな!!と思ったのは

新条アカネの存在。

 

記憶喪失だと言う主人公・響裕太に話しかけたり

女友達の宝田六花に抱きついたり

でも、なんか、どこか変。

違和感がある。

 

クラスメイトの中で、人気者で女子に

囲まれているし笑顔なんだけど

男子からもモテるアカネだけど

どこか楽しそうに思えない・・・

なんでかな?

 

部屋は、汚部屋でゴミが溜まっていて

よく見ればアカネのスマホも画面が割れている。

 

敵の怪獣を作り出しているのがアカネで

そのアカネのサポートをしてるアレクシス・ケリヴ。

あからさまにアレクシス怪しいw

 

アカネから失敗作と呼ばれるアンチくんの存在。

アンチくん、めっちゃひどい扱い受けてるしね。

 

疲れたよーーw - さかなゼロひき (hateblo.jp)

 

毎週、毎週楽しみに見てた。

めっちゃハマった!!!!

 

このわがままお嬢様アカネが

ほんと大好きでwww

 

裕太たち主人公チームより

アカネやアンチくんばかり気になってたw

 

裕太たちのサポートとして現れる

黒スーツの4人組。

サムライ・キャリバー、マックス

ボラー、ヴィット。

 

海将に対して、口の悪いボラーを

ずっとツインテールの少女だと思ってたんだよね。

「SSSS.DYNAZENON&GRIDMANヒロインアーカイブ」を

買って見てたら、あれ?ボラーいなくない?

と疑問に思ってたら

実は、ボラーが少女ではなく少年だと知ったw

ボラーが少女じゃなくて残念とか思わなくて

「へぇ、なんかカッコいいじゃんw」

と思ったw

 

謎の怪獣少女も好きだったw

 

タイトルも漢字二文字でカッコいいw

 

アカネと六花の百合展開も、かなりワクワクしたけど

アカネって、ほんとは孤独なんだよね。

自分の作り出した世界だから、みんな自分の言いなりだって

わかってるし・・・

自分の作り出した世界でもアカネは作り笑いで

ほんとの自分出してなかったしね。

これは、私も含め今を生きる10代にも刺さるよねって。

 

新条アカネ - さかなゼロひき (hateblo.jp)

 

そんなみんな自分の言いなりじゃんって中で

唯一、六花だけは特別だったんだよね。

 

六花大好きぃーw - さかなゼロひき (hateblo.jp)

 

終盤は、アカネと六花が本音で話し合うのが

メインになってる。

六花が、アカネに言う言葉が優しくて寂しい・・・

 

最終回は、ボロ泣きした・・・

 

OPも、かなりいいし、好きなアニソンシンガーの

オーイシマサヨシ(O×T)が歌ってる。

そのOPで、ちょいちょいアカネの孤独も描かれていて

つまらなそうに窓の外を見てるアカネの前に

グリッドマンが現れるシーンで

「君を退屈から救いに来たんだ」の歌詞で

一番、救いを求めてるのがアカネだってわかる。

 

ほんとに、よくできたOP。

 

そして、EDの何気ない日常の映像も素晴らしいと思う。

 

アカネと六花が仲良く過ごしてる日常に

最初は見えるんだけど

なんなら、アカネが望んでたもうひとつの世界かな?

と、思ってたw

すべて見終わった後に、見ると

ああ・・・と。

 

アカネがいなくなった世界で

六花だけがアカネを覚えているってEDだったんだね。

 

歌詞も、きちんとそーいう歌詞。

 

全12話に、私の好きや共感や感動が

ぎゅっとつまった作品。

 

ある意味、アカネが主人公だと言っていい作品だw

 

「新条アカネ展」が開催されたのも

大人気でグッズ品切も理解できるw

(行ったけど、品切で何も買えなかった人w)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。