子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲームを語るブログです。

大正処女御伽話

単行本で読んだ。

かなり好きな話だった。

 

アニメ化されて

「大正オトメ御伽話」とタイトルを少し変えて

放送されたけど、原作の途中までしかやらなかったから

すごく残念だった。

最後までアニメ化してほしかったー

 

大正時代、志摩家の次男・珠彦は

交通事故で母を亡くし、右手の自由も失い

別荘である千葉の田舎に厄介払いされる。

そこに夕月という少女がやって来る。

夕月は、珠彦の父が珠彦の世話をさせるための

金で買われた嫁だった。

 

ユヅ(夕月)が、志摩家の人たちの

癒やしの存在になっていていい。

志摩家の人間は

みんなどこかココロの闇を持ってる。

 

ユヅが、髪を三編みにしてるんだけど

かなりの癖っ毛でコンプレックスに思ってる。

そして胸も、さらしで潰してる。

個人的には、貧乳がよかったw←

 

孤独な珠彦のココロを癒し

珠彦の妹・珠子も最初はユヅに悪態をつくけど

「ユヅ姉様」と慕うようになるし。

珠子も本当は、とても寂しがりな女の子で

珠彦に嫌われていると思っていて

素直になれずにいたけどブラコンw

 

志摩家以外だと

村の娘・綾も、ユヅを妬んで

珠彦との仲を裂こうとするけど

ユヅ自身にも惹かれて良き友人になる。

 

アニメだと、関東大震災が起こったところで

終わってる。

 

私の、もっとも推しキャラが出ずに終わった・・・

なんてことだ・・・

アニメで見てみたかったのに・・・

 

私の推しキャラは、志摩家の長女・珠代だw

かなりのファザコンを拗らせてるキャラw

父の愛を独り占めしたくて

次期当主として父から思われる長男や次男を

邪魔だと思ってるし手段を選ばず排除しようとする性格は

一番、父親に似てるw

かなり冷酷な性格w

 

アニメでどんな風に描かれるのか

楽しみだったのになーw

 

末っ子の珠央は、母親っ子で

母親を亡くして生き残った珠彦を恨んでいる。

 

文章だけだと、かなりヘビーなマンガ?と

思いそうだけど、絵柄は可愛らしい画風で

珠彦とユヅの純愛もいい。

 

続編の「昭和オトメ御伽話」の存在は

すぐに知ったけど未読。

 

アニメのエンディングは

声優が歌ってるけど、結構良かった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。