子供たちは夜の住人

アニメやマンガや音楽を語るブログです。

灰と幻想のグリムガル

目を覚ました主人公・ハルヒロは

名前以外、何も思い出せないことに気づく。

同じ境遇の12人がそろって外に出ると

そこは赤い月が照らす「グリムガル」だった。

 

レンジは、見込みのありそうなメンバーを

誘ってパーティを組み

結果、ハルヒロたちは残された者同士で

パーティを組むことになった。

 

ハルヒロ(盗賊)、マナト(神官)

ランタ(暗黒騎士)、モグゾー(戦士)

ユメ(狩人)、シホル(魔法使い)。

途中から、メリィ(神官)が加わる。

 

パーティのリーダーだったマナトの死で

 

え!!!!

 

マナト、死ぬん???

 

そしたら、このパーティ

どーなっちゃうの???

 

と、思うくらい、マナト頼りのパーティだった・・・

マナトの死後、ハルヒロがリーダーになるけど

マナトのように、リーダーシップが取れず

 

「こんな時、マナトだったら・・・」

 

と、言うセリフが、かなり多く感じるw

 

それくらい、ハルヒロは、リーダーに

向いてなくて、つねに悩みを抱えている。

 

多分、転生ものだと思うんだけど

めっちゃ、シリアスで暗いアニメ!!

人間臭さとか、そーいうのを

すごく、感じたかなぁー

 

途中、仲間になるメリィも

なかなか、ココロを開かないし

 

このパーティを、まとめるの

めっちゃ、大変そう・・・

 

マナトが、生きてる時

パーティのみんなの長所を

ひとり、ひとり、言ってあげるシーンで

なぜか、ハルヒロにだけ

言わないんだよね・・・

 

マナトが、ハルヒロを

どう思ってたか、わからない・・・

 

でも、ハルヒロは

いつも、マナトだったらと

悩むんだよね・・・

 

転生もので、すごく、めずらしい

シリアスでリアルさを感じる。

 

だいたい、転生ものって

めちゃ強い力を手に入れたり

最強ものが多いじゃない?

あんまり、悩んだりしないよね?

 

この作品は、いちお、ファンタジー

転生ものなんだけど

中身はさ、思春期の子供たちで

学校で、うまくクラスを、まとめられないとか

何を考えてるか、わからないとか

そーいう作品に思える。

 

だから、最初は、転生ものが苦手な私でも

見れたんだろうなって思う。

 

アニメ的には、それぞれ、マナトの死を

引きずりながらも、成長していく作品になってる。  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。