子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

orange

アニメで、未来の自分から手紙が来るという

ストーリーに興味を持って見始めて

マンガも集めて、映画も観に行ったな。

絵柄的には、少女マンガっぽくなくて

どちらかというと、少年誌っぽい感じ。

 

高校生の主人公たち

菜穂・弘人・あずさ・貴子・朔に

転校生の翔の世界と。

 

10年後の世界。

 

ただ、違うのは、10年後の世界には

翔がいないこと・・・

 

未来からの手紙は、翔を助けるための

手紙だった。

 

菜穂のことを、好きな弘人が

すごく、切ない・・・

 

菜穂と翔の笑顔や幸せを

願ったら、自分の想いなんてと

思えるの・・・

切ないよね・・・

 

もし、翔が転校してこなかったら

菜穂は、自分の彼女になってたかもしれないとか

考えなかったのかな・・・

 

自分の未来を大きく変えるって

弘人にとって、すごい決断が

必要だったと思う。

 

翔は、家庭環境のせいか

すごく、メンタルが弱いし

不安定なんだよね。

 

仲間だったら、友達だったら

やっぱり、助けたいと思うのは

すごく、わかる。

 

それは、恋よりも、大切な友情だったのかもしれない。

 

10年後の菜穂は、とても、幸せそうだけど

やっぱり、翔がいない世界を

引きずっていて・・・

そんな、菜穂を見たくなかったのかもしれない・・・

 

仲の良かった仲間も、翔がいなくなって

ギクシャクしてしまってるみたいだった・・・

 

多分、この作品って

弘人の想いが、なかったら

100%未来を変えるのバンザイなんだけど

そうじゃないから

切なさも、あるんだよね・・・

 

そんな中、アズと朔のふたりの

やりとりが、すごく、微笑ましくて

好きだったな。

 

変えたい過去は、誰でもあると思う。

助けられる命があったら、助けたいだろう。

「後悔」のないように

今を、生きてほしいって

作者からのメッセージ的、作品だったのかな?

と、勝手に解釈してる。

orange : 1 (アクションコミックス)

orange : 1 (アクションコミックス)

 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。