子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

昆虫物語 みなしごハッチ

タツノコプロ作品。

キャラデザは「けろっこデメタン」同様

天野喜孝

 

リアルタイムでは、やはり、もちろん

生まれていないのでw

再放送で見た。

何度も何度も再放送されてたイメージ。

 

この「みなしごハッチ」も1話から

いぢめられるキャラとして始まる。

 

んー・・・このハッチやデメタンの絵柄が

すでに目がタレ目で泣き顔っぽいビジュアルが

ダメだよねw

いかにも、いぢめられてます・・・みたいな顔。

 

ハッチは、ミツバチの女王の子供で本当は王子。

だけど、卵の時に生き別れになって

卵のハッチを我が子のように育てる育ての母親

シマコハナバチを本当のお母さんだと思って育つが

他の兄弟たちから、いぢめに合ってるし

卵の頃から一緒に育っても差別があるの???

ちょっと、ミツバチとシマコハナバチの違い

わからないけど、かなりひどい兄弟たちじゃない?

 

そんなこんなで、本当はハッチのお母さんは

自分じゃないこと、ミツバチの女王だと伝え

ハッチは、本当のお母さんを探す旅に出る。

 

この育ての母親は、ハッチのことを

本当に愛していたから1話で涙の別れになる。

 

昭和の優しいお母さんってイメージなんだろうか?

他のいぢめてる兄弟の子供たちを

「何やってるんだ!!仲良くしろ!!」と

ぶっ叩いたりしないの?←過激派w

これじゃ、まるでハッチを厄介払いしたようにも

見えるんだけど?

 

そして、ハッチの過酷ないぢめの旅が始まるんだけど・・・

なんと!!

全91話!!!!

まぢで?

これまた、気が狂いそうwww

よく見たなー自分w

リアタイ組の子供たちも、忍耐強くなったろうなーw

 

昭和のアニメって、ほんと長いよねw

しかも、ずーっと、いぢめの話だよ?

昭和の根性論的な?

いぢめられても立ち向かえ!!的な?

いやいやいや、今ならそんな場所じゃない

自分の居場所を見つけてもいいんだよの時代だよw

 

こんな、ほぼ90話まで暗くいぢめの物語の先の

お母さんとの再会は、そりゃあ泣くでしょ?

やっと!!お母さんと会えたねー!!!!

と思うくらいの長さだもんwww

 

そして、これまた再放送で

「新みなしごハッチ」に驚愕するんだけどw

 

みなしごハッチ」で感動の再会を果たした

ハッチのお母さんの死から始まる・・・

ええ!!

あんな苦労して、やっと会えたお母さん死んじゃうの???

そして、母の遺言で

妹のアーヤを次期女王とするため「美しの丘」へ

旅を始める。

 

うろ覚えだけど、この妹のアーヤ

かなり足手まといだった印象www

 

さすがにね、この「新みなしごハッチ」は

全26話。

 

でも、私的には、この続編いらなかったと思うよ。

幸せな時は、長くは続かないみたいな絶望しかないじゃん・・・

 

ハッチってキャラを、本当にただの不幸なキャラとして

描きたかっただけにしか思えない。

実際、ハッチの泣き顔しか思い出せないしw

 

ハッチ以外のキャラの話も、覚えてるんだけど

多分、羽の違う蝶の両親から

ハーフの羽の子供が、こんなんイヤだ!!とか言って

両親が、片方の羽をもいで?

好きな方を使いなさいとか言って

ハッチが、それじゃ、もう両親さんは

飛べなくなるんじゃ?と思ってると

両親は、お互い肩を寄せ合って

これで飛べるから大丈夫よって言うんだけどさ・・・

もいだ羽って、子供にくっつくもんなの???

こんな仲の良い両親なのに

子供は反抗期だったの???

なんて回もあったw

 

リメイクもされたようだけど

リメイク版は、見てないけど

かなり時代遅れ感ハンパないと思うんだけどw

大人になった人たちもリメイクなんて

望んでないでしょ?w

誰得かわからないなwww

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。