子供たちは夜の住人

アニメやマンガや音楽を語るブログです。

氷菓

京アニ作品。

 

省エネ主義の奉太郎は姉の薦めで古典部に入部する。

古典部を中心に、日常の中の謎を解いていく。

 

古典部には、奉太郎に

「私、気になります」と瞳をキラキラさせる

えると、奉太郎の親友・里志と

里志に好意をよせる摩耶花が入部する。

 

省エネ主義と書いたけど

アニメ見てると、まったくそんな感じはなかったw

フツーの高校生じゃない?w

めんどくさいことはやりたくないって

みんな、そーだよw

 

奉太郎に、毎回、期待の眼差しを向け

「私、気になります」で押し切るえるは

見た目は、大人しい清楚なお嬢様って感じ。

 

このアニメは、京アニ作品大好きな私だけど

何度か挫折をしているw

 

きちんと見れば、おもしろいんだろうけど

なかなか毎週、見ようとは思えなくて・・・

何度も、再放送の機会があっては見るけど

いつも文化祭のあたりだったりw

 

登場人物たちに誰も好きなキャラがいなかったのも

原因のひとつかもしれない。

 

それでも、きちんと見ようと見てみたら

ある回で、みんなが「嫉妬」をしていた話があって

あぁ・・・なんだか、やるせないな・・・

と思った。

「嫉妬」は誰もがもつ感情だから

すごく、わかるけど、でも、やるせなかった。

 

里志が、ずっと奉太郎みたいなひらめきや謎解きに

嫉妬していたから、あんな顔をしていたのか・・・とか

摩耶花の先輩も、嫉妬から認めたくないキモチで

友人に連絡を取れない話を聞いて

摩耶花も、そのキモチがわかる・・・という

こんな話だったのか!!

と思ったり

 

あとは、里志が摩耶花に対して

答えを出さない理由も、なんだかモヤモヤしたなぁ・・・

最終回では、奉太郎もえるに対するキモチを

はっきりさせないまま終わって

 

あれ???

ここで終わり???

これが最終回???

 

と、思ったのが正直な感想w

 

別に、全員つき合ってハッピーエンドを

望んではいないけど

 

摩耶花以外、みんな、あやふやのまま

終わるのか・・・

 

という、モヤモヤはあったから

私の中では、このアニメの評価はかなり低いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。