さかなゼロひき

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮、原画展、イベント、声優、イラストブログです。

「※このブログはアフィリエイト広告を使用しています」

逆転イッパツマン

タイムボカンシリーズ6作目。

 

もう、すでにタイムボカンシリーズ

かなり飽きていた。

昭和の子供あるあるの他にアニメがやってないから

しんどくても見るというw

 

それでも、エンディングの

「しゃちょう、かいちょう、えらいー♬」

のフレーズは、ずっと頭に残ってるw

 

しかも、私にトラウマを残したアニメでも

あったw

え、タイムボカンシリーズってギャグアニメなのに

トラウマって???

と、驚かれそうですがw

 

タイムボカンシリーズは、たしかにギャグアニメとして

始まったけど、どんどんシリアス路線にシフトチェンジしてるんです。

それは、きっと時代の流れや視聴率の問題もあったんでしょう。

 

タイムボカンシリーズは、7作目で終了しています。

その終了作品の1個前がこの作品です。

全58話。

 

敵組織が、会社です。

例の3人組は、そこで働く社員って設定。

紅一点のムンムンは、カリスマ性や美女感は

ほとんど、ありません。

 

そして、いつもの3人組の他に

エリート社員・球四郎や会長の孫・ミンミンも

追加される。

 

一方、正義側の方も会社。

イッパツマンに変身するのは青年・豪のみ。

ヒロインに妹系・ランとお姉さん系・ハルカ。

 

全体的に、年齢層がぐんっと上がって

恋愛色が濃くなるので

まだ、お子ちゃまの私は、ぽかーん・・・な

状態でしたw

 

お決まりのギャグシーンも、この頃になると

浮いてる感も否めない。

シリアス路線にしたことや、他キャラを加えたことで

3人組が、ほとんど背景になっています。

 

私が、トラウマになった回は

会長の老婆コン・コルドーの正体を、球四郎が知る回。

 

視聴者には、コン・コルドーがミンミンに化けてるって

ことはわかってたんだけど

 

そのコン・コルドーが、実は宇宙人で

用なしになった球四郎を殺すんじゃなくて

時空の空間に放り出し彷徨わせるってシーンが

子供ながらにコワかったんだよねw

 

今、見たら、トラウマになるほどの演出ではないと

思うんだけど、時代的に、あの演出は

なんかコワかったw

 

実は、宇宙人だった!!は

今回が、初ではなく、ドクロベーも宇宙人設定なんだよねw

 

でも、今作は、なんだかわからないけど

気味の悪い作品として記憶されていますw

 

今作は、超能力がテーマになっていて

イッパツマンに変身する豪と

ヒロインのハルカは超能力をもっていて

敵の3人組はもっていませんw

もう、ここでかなりのハンデがあるような?

敵側は、コン・コルドーしか超能力ありません。

 

終盤、ハルカが過去にコン・コルドーから

洗脳されていたことがわかり

イッパツマンの最後の敵として現れるので

ここだけ読んでもわかるように敵に対等なキャラがいないので

自然と味方キャラが敵側になるって流れだよなー、と。

 

イッパツマンと戦っていたハルカが正気にもどり

罪の意識から、真っ裸で走り去り消息不明のまま

この作品は終わるんですwww

 

超能力を限界以上出したから着てたスーツが消えたらしいけど

正直、ここの真っ裸は見てて唐突でしたwww

ハダカにする意味あったのかなー???

 

この、まったくスッキリもしないモヤモヤが残る

最終回も含め、全体的に気味の悪いアニメでした。

 

3人組や、キャラの使い方が、もったいなかったなーと思う。

もっと、うまく動かせていたら少しはマシになったんじゃないかな?

やっぱ、ムンムンにカリスマ性や美女感は必要だったと思う!!

ハルカとは別の魅力をもたせるべきだった。

タイムボカンシリーズといえば

いつもの3人組を楽しみにしてるんだから

もっと活躍させるべきだったよ。

 

あと、会社ネタが多いので

視聴者が私のような子供だと、ほとんど理解できない。

家のローンがーー!!とか。

土曜の夜、これを見れる社会人も少なかったと思うし。

(昭和なので週休二日制じゃない)

 

自分は、タイムボカンシリーズから卒業したかったけど

シリーズに終わってほしいとは思ってなかったので

ギャグアニメ路線のまま、下の世代も楽しむことができれば

よかったよね。

 

平成になってリメイクやスピンオフ的なものも

作られたけど、元祖を知ってると別物感があったので

終わってから、その存在の大きさを知り

もう同じように再現ができないものもあるってことを

感じたアニメでもありました。

 

でも、正直、続けていくってムズかったろうなと思う。

全盛期には全108話も長く放送してたのが

今作、全58話も、かなりガンバったと思うし。

 

一番、子供の数が多い私ら世代が

ひとつのアニメから卒業すると

あとは、どんどん子供人口が減るので

低視聴率、おもちゃが売れないなどの壁があったと思うので

よくシリーズを7作品も続けた!!

ありがとう!!タツノコ!!

ありがとう、タイムボカンシリーズ!!

シビビーン・ラプソディー

シビビーン・ラプソディー

  • 山本まさゆき/ピンク・ピッギーズ
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。