子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

飛ぶ教室

週刊少年ジャンプ」で連載1話から読んだ。

 

かなり、恐怖を感じたマンガだった・・・

 

水爆から始まる物語で

小学校にいた生徒たちや先生がシェルターで

助かるけど、先生が死の灰を浴びてしまって

それを隠しながら最後には亡くなってしまうの

子供ながらにコワくて悲しかった・・・

 

これ、別に舞台が戦時中のマンガとかでなく

現代が舞台だったから特にコワかった・・・

 

この作品には、先生以外大人が出てこない。

 

シェルターを出たあと、外の荒廃した世界で

子供たちだけで、いろんなシェルターや親を

探すけど親との再会もなく他の大人もいなくて・・・

 

こんな世界で、子供たちだけで生きていくのか・・・

 

もし、戦争が起きたり核が誤爆したら・・・

と考えたらコワイと思わせるマンガだった。

 

子供たちは、先生の死を乗り越えて

希望を捨てずに歩みだす終わり方はしてるけどね。

 

楳図かずおの「漂流教室」を読んだことがないけど

きっと、それに似た衝撃作だったと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。