子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

September Fish

「なかよし」本誌ではない

「なかよし」系のどっかの雑誌の

読み切りで、このマンガを読んで

ひうらさとるを知った。

 

絵柄やストーリーが、まったく

「なかよし」っぽくなかったw

どっちかというと「マーガレット」とか

そっち系w

 

モデルをしてる主人公のもとに

ファンだって言う女の子が

突然、押しかけ同居?する。

最初は、迷惑って思ってたモデル男子も

その女の子のことが、そんなにイヤでなくなる。

そんな時、その女の子が超金持ちの娘だとわかり

大金を渡され娘を返すように言われる・・・

 

このモデル男子が、かっこいいメンズモデルとかでなく

中性的な衣装、やや女性よりのファッションの

モデルっていうのも印象深かった。

 

線がとにかく細くて、眼力もないキャラ絵。

「なかよし」の読者の年齢層より

明らかに上の感じがした。

 

でも、なんだかこの作品は

とても好きだなーと覚えていた。

 

それから、本誌「なかよし」から

まったく別のマンガを新連載するようになるんだけど

 

ひうらさとるが「なかよし」デビューをした年

たくさんの新人マンガ家が生まれて

この年の新人マンガ家たちはルーキーズと呼ばれ

「なかよし」恒例の夏休みサイン会では

マンガ家ひとりに対して決まった日程が組まれていたけど

異例のルーキーズ5,6人のマンガ家が

同じ日にまとめてサイン会をやった。

 

「なかよし」のサイン会は

毎年、銀座の大きなビルで行われていて

始発で並ばないとサインもらえないくらいの行列だったw

 

このルーキーズのサイン会にも行ったから

ひうらさとるのサインも、もちろんもらったw

 

ひうらさとるの絵は、好きだったけど

この「September Fish」を超える作品には

出会ってない。

 

そして、タイトルも意味わかんなかったけどw

かっこいいなぁと思ったw

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。