子供たちは夜の住人

アニメ、マンガ、音楽、ゲーム、特撮を語るブログです。

バオー来訪者

ジョジョ」で有名な荒木飛呂彦のマンガ。

私は、この作品から荒木飛呂彦を知った。

 

生物兵器「バオー」へ改造された主人公の青年・橋沢育郎と

超能力を持った少女・スミレの逃避行と戦いを描いた作品。

いろんな敵を送り込まれ、戦うバオー。

 

これだけ読むと、かなり長い作品に思うよね?

でも、単行本全2巻と短い作品なんだよね。

 

その短い作品に、私は、すごく惹かれまくったwww

 

当時から、私は、荒木飛呂彦の絵が好きで

ストーリーも惹かれるものがあった。

青年と少女のココロの交流と、終わりない戦い。

もろ、ジャンプって感じwww

 

ジャンプお正月表紙号でマンガ家たちの顔を

載せてた時期があって

 

初めて荒木飛呂彦を見た時、育郎にそっくりwww

ああ、このマンガ家は、自分に似たキャラを描く人なんだなって

思ったwww

 

思ったより、短く終わってしまった作品だったけど

成長したスミレと、育郎が再会するだろうビジョンで

最後は、ハッピーエンドになるんだろうなという

想像で終わるのが、ほんと素敵だったな。

 

その後、「ジョジョ」の連載が始まった時は

狂喜乱舞したwwwww 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログ村に参加しています。もしよろしければクリックお願いします。